子猫との暮らしで得られる驚きの癒し効果とは?

2019年12月8日

子猫を触れているだけでなんと免疫力や自然治癒力を高める、不安を和らげる、ストレスをなだめるなどという驚きの癒し効果があることをあなたは知っていますか?

そこで今回は、そんな子猫との暮らしから得られる驚きの癒し効果をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ゴロゴロ聞くだけで得られる子猫のリラックス効果

猫といえば、かわいらしく喉を「ゴロゴロ」と鳴らすことで知られていますが、この猫のゴロゴロ音はストレスを軽減したり、精神的な健康状態を回復させる効果もあるので、複雑な社会でストレスいっぱいの現代人に優しい癒し効果をもたらしてくれています。

私も子猫をなでていると、その「ゴロゴロ」「グルルル」と音を聞くことがあります。

この子猫のゴロゴロ音は、生後2日程度で出せるようになるため、母猫と子猫の間の親愛のコミュニケーションだと聞いたことがあります。

まさにこの子猫のゴロゴロ音には、私の脳をポジティブな状態にしてくれてるように実感しています。

また昨今では、この『ゴロゴロ』の低くて細かい振動を伴う周波数には、生物の免疫力や自然治癒力を高める効果があることもわかってきているそうです。

心疾患の予防

アメリカのミネソタ大学心臓病研究所のアドナン・クレシ博士の研究では「猫を飼っていると、心臓発作を起こすリスクが3分の1も低下する」というデータが報告されています。

また、心臓病とペットとの相関研究をしているエリヤ・フリードマン博士からは「心筋梗塞の発作後の生存率は、ペットを飼っている人の方が、そうでない人と比べて3倍以上も高かった」との研究結果報告もありました。

これらの結果は、普段の猫との暮らしが様々なストレスを軽減してくれているからであると考えられており、現在も動物との暮らしが人間にもたらす癒し効果の研究が進められているようです。

血圧や心拍数を安定させてくれる

イギリスのメリーランド大学の研究によれば『動物との暮らしには、血圧や心拍数を下げる効果がある』という驚きのデータが発表されています。

これらは、高血圧からくる死因の代表格である『脳卒中』のリスクも軽減できることから、さらに深い研究が進められているそうです。

スポンサーリンク

現代病のひとつに数えられることも多い高血圧ですが、なんとこの子猫と触れ合うことで血圧が下がった人は約80%であるとの報告もあることは驚くべき子猫パワーだと思い
ます。

このことから猫の癒し効果は血圧や心拍数を安定させる働きがあることが分かります。

また、心臓にもよいことが、コレステロール値を減らすことにもつながるようです。

最近は、私も40台になって血圧が高くなってきているので、子猫の癒しで下がってくれることを期待しているんです。

もしもあなたもそんな高血圧に悩まされているのなら、今飲んでいる薬に頼るだけではなく、新しい子猫との暮らしを考えてみるのもよいかもしれませんね。

子猫の癒し効果で自然治癒力が上がる

猫は骨折をしてもほかの動物と比べて3倍の速さで回復するそうです。

まさにこれは驚きですよね。

実際にフランスでは理学療法士が猫のゴロゴロ音の効果に注目して治療に取り入れたり、猫カフェを「セラピーが受けられる場所」と紹介したりしています。

ほんとうに子猫の癒し効果は骨折にまで威力を発揮するとは驚きですね。

もふもふ触るだけで得られる! 猫の健康効果

猫と暮らしていると、「オキシトシン」というホルモンが分泌されます。

このオキシトシンにはストレスホルモンの分泌を抑制する効果があります。

幸福感が増して他者への信頼や安心、関心が高まるため、「幸せホルモン」「愛情ホルモン」などと呼ばれることもあります。

ただの子猫のもふもふを触るだけで、なんとオキシトシンが分泌されて、リラックス効果が得られるそうです。

つまりふわふわの手触りやかわいいしぐさで私たちを癒してくれる子猫は、病気の予防や治療、ストレスの解放にも一役買ってくれていてくれたのですね。

まとめ

私にとって、子猫の癒しだけで、どんなに疲れていても嫌なことがあっても、自然と笑顔になれます。

こうして子猫を飼っているだけで毎日癒され楽しませてもらっているのに、健康にもなれるなんて一石二鳥です。

子猫の驚きの力は本当に偉大です。

「子猫ちゃんいつも私に癒しありがとう!」

スポンサーリンク