魔法のおやつ『ちゅーる』を猫にあたえる4つのメリット

2020年5月23日

♪ちゅーる、ちゅーる、チャオちゅーる♪ で猫に大人気のおやつ。

チャオちゅーるを猫にあげると喜ぶだけでなく、猫ちゃんにとってこんないいこともありますよ!

4つのメリットをお伝えしますね。

スポンサーリンク

『チャオちゅーる』とは?

ツナ缶などの缶詰で有名な「いなば株式会社」の関連会社、「いなばペットフード株式会社」が製造販売している猫用のおやつ。

液状のおやつで、長細いチューブ状のパッケージに入っているのが特徴です。

チューブから直接ぺろぺろと食べる猫ちゃんの姿がかわいいと大人気に。

猫からの支持率も絶大で、どんな猫もちゅーるにはイチコロ。

魔法のおやつといわれています。

価格も200円前後と安く、味や機能のバリエーションもたくさんあり、ペットフード店では棚がちゅーるで埋まるほど。

 

ちゅーるのメリットとは

水分補給

ちゅーるの成分のほとんどが水分。

成分表には、水分90%以上と記載されています。

これはチュールを食べれば、水分補給もできるということですね。

夏に脱水症状が心配なときや、冬に寒くてなかなか水を飲んでくれない猫ちゃんには効果的です。

 

便秘解消

成分に水分がたくさん含まれているということは、便秘解消にも効果があります。

糖類としてオリゴ糖が配合されているのも、便秘には良さそう。

さらに、「乳酸菌入りちゅーる」という商品もあります。

これを1度食べさせたからといってすぐに便秘が解消されるとは思いませんが、徐々にお腹の調子を整えるのには効果がありそうです。

ちなみに、便秘気味なうちの猫に1日1本与えてみましたが、なんとなくお通じが良くなった気がします。

スポンサーリンク

もっとたくさん与えてみればいいのかもしれませんが、主食を食べなくなるかもしれないので、うちではちゅーるは1日1本までと決めています。

 

食欲のない老猫

ちゅーるの口コミを見てみると、食欲のない老猫でもちゅーるだけは食べることが出来て助かったというコメントが多いです。

ちゅーるは液状のおいしいおやつなので、歯が弱っていたり元気のない老齢猫ちゃんでもスルリと食べられるのでしょうね。

ちゅーるはおやつだから栄養的には好ましくないという意見もあると思いますが、体調が悪い時には少しでも食べ物を口にして欲しいものです。

飼い主のそんな声がメーカーに届いたのでしょうか。

総合栄養食のちゅーるが発売されました。

総合栄養食ですから、主食扱いです。これなら栄養的にも安心ですね。

 

薬を混ぜる

病院でもらってきた猫の薬は、どのように飲ませていますか?

エサに混ぜても気づかれて、薬を飲んでくれないなんてことも多いですよね。

そのような場合は、ちゅーるに薬を混ぜてしまうのがいいかもしれませんよ。

ちゅーるの食欲をそそる良い香りが、薬の匂いを隠してくれます。

おすすめは比較的香りが強い、ほたて味とりささみ味です。

猫ちゃんの体調をみながら、状況に応じていろいろなチュールを試してみてくださいね。

我が家は、ちゅーる中毒にならない程度に利用します^ ^

スポンサーリンク