子猫の耳掃除は必要なの?

猫に耳掃除をしてあげるとなると勝手が違うものです。

猫の耳はL字型をしていて、猫の耳掃除するには私には、ちょっと難しそうです。

ここでは、そんな猫の耳掃除についてご紹介します。

スポンサーリンク

猫の耳の中は画期的

猫の耳の中には、皮脂腺と耳垢線というものがあり分泌物を出して、耳の奥に入りこもうとする細菌やホコリなどが分泌液に付着することによって、耳の中への侵入をブロックしているようです。

猫の耳のなかはとてもうまくできていて、トラブルが起きないように耳垢が奥から入口に出てくるようになっており、あまり汚れにくくなっているみたいです。

そのため耳の奥に耳垢が溜まることはほとんどないので、お掃除する時は耳の浅い部分までで十分なのです。

しかしながらたまには猫の耳掃除をしないと耳周辺の炎症の原因になってしまいます。

猫の正常な耳垢

一般的に猫の耳垢は、茶色っぽく少しべたついた感じです。

また、耳垢がたくさん出てくることはまれです。

子猫の耳掃除の仕方

猫の耳掃除に必要なものは、綿棒またはカット綿と市販の洗浄液です。

スポンサーリンク

まず洗浄液でカット綿を濡らし、猫の耳を軽く持ち上げて内側をやさしく拭いてあげます。

カット綿で包んだ指先や綿棒でほじるようにすると、簡単に掃除できます。

子猫の耳掃除の頻度は?

猫の耳の奥に耳垢が溜まることはほとんどないので、耳掃除の回数もそれほど頻繁に行わなくてもいいようです。

清潔に保ちたいからといって、頻繁に耳掃除を行うとかえって皮膚を傷つけてしまう恐れがあります。

子猫の耳掃除に綿棒は使ってもいいの?

猫の耳掃除に綿棒を使うと、かえって汚れを奥に押し込んでしまったり、耳の内部の皮膚を傷つける恐れがあるので、できれば猫の耳掃除に綿棒は使うべきではないと思います。

猫が耳掃除を嫌がる場合の対処法

耳掃除に慣れさせるには、日ごろから猫とじゃれ合うときに耳に触れる回数を増やすと覿面にいいです。

猫に過度なストレスを与えないようにするためには、嫌がらないようにすることと、嫌がったときにその記憶が後々まで残らないように対処することが重要になってきます。

まとめ

やっぱり人間と同じように時には猫も耳掃除が必要です。

だけど健康な猫であれば、耳掃除は気になったときだけすれば大丈夫です。

それこそ少し汚れていたら耳の掃除をして清潔にしてあげるくらいで十分です。

すべての猫が、この記事で少しでもお役に立てくれて、幸せに暮らせになってくれれば幸いです。

スポンサーリンク