子猫の咳は病気か自然現象なのか!

猫が咳をすることなんてはあまり見ないことです。

だけど私の猫ちゃんったら風邪でもひいちゃったのかいっちょまいに咳をしてるんです。

ここでは、猫の咳についてお知らせします。

スポンサーリンク

猫が咳をする原因

猫の咳とは空気の通り道である気管や肺の中に、本来あってはならないものが入り込んでしまったときに起こる反射のことです。

その異物とは例えば食べ物だったり、鼻水だったりです。

咳をすることで、空気を勢いよく肺の中から吐き出すことにより、気道内にとどまった障害物を強引に押し出すという働きがあります。

口の中や鼻の中に異物がある場合の咳

口の中や鼻の中に異物がある場合は、猫の顔を前足で擦るような仕草をしながらコホコホと咳をすることがあります。

異物が取れればけろっとしているので、私は全く心配はしていません。

逆くしゃみ

猫には、咳と勘違いしやすい「逆くしゃみ」というものがあります。

猫の鼻の奥に違和感を感じて起こしている「逆くしゃみ」といわれている咳は、少し心配する必要があるようです。

スポンサーリンク

この「逆くしゃみ」とは、大きな音を出しながら繰り返し息を吸い込む動作のことで、正式には「咽頭絞扼反射」もしくは「発作性呼吸」と呼ばれています。

猫が、息を吸うときに音が出る」「発作の後に何かを飲み込むしぐさを見せる」といった特徴があるときの咳みたいなものです。

猫が息を吸い込むとき、肋骨が膨らむと同時に鼻の奥から「グーグー」という音を出すのが、通常の咳との最大の違いです。

通常は生理的な反応で、水を飲んだあとや興奮したときに起きやすく、数回繰り返したあとはケロっとしていることがほとんどです。

この場合の猫の咳は病気ではないので、しばらくすると自然に収まりますので、なにもなければ大丈夫なようです。

猫風邪

猫の咳は、自然現象の場合は数秒から数分で収まります。

しかしながら猫風邪、と言われる「上部気道感染症」という病気は、人間の風邪によく似た症状が出る病気です。

この病気に感染すると鼻水やくしゃみ、コホコホという咳や目ヤニ、そして発熱などの症状が続きます。

猫の咳、病気かどうか迷ったら

猫の咳が出る場合、病気か自然現象なのか判断に迷うことがあります。

やはりそんなときには、病院を受診させてあげることで安心できます。

私の猫ちゃんも風邪だったので、あまり心配しなくてもよかったです。

まとめ

人間と比べてあまり咳をすることがない猫だからこそ、咳をしたときには少し心配してしまいます。

滅多にしないぶん、これが咳なのかどうか、できるだけよく観察してあげていようと思っています。

すべての猫が、この記事で少しでもお役に立てくれて、幸せに暮らせになってくれれば幸いです。

スポンサーリンク