子猫のお腹がぽっこりお腹になってるのはただの肥満なの?

子猫が可愛さのあまり、つい食べ物を与えたくなってしまいますよね。

だけど子猫の肥満は病の元です。

家の中でのんびり暮らしていると、太りやすい猫はあっという間に肥満体型になってしまいます。

ここでは、子猫の肥満についてお知らせいたします。

スポンサーリンク

子猫の肥満の原因

猫の肥満の一番の原因は、やっぱり必要カロリー以上に食べてしまうことや運動不足です。

特に秋口になると猫の身体は本能的に冬の寒さに備えて脂肪を蓄積し始め、家の中だけで飼われいてる子猫は、厳しい自然の中で体力を使うことがないので、身体に付いた脂肪は落ちることなく太る原因になります。

そして猫が欲しがるからといって1日に何度も食事やおやつを与えていたら、私のように猫はあっという間に太り出します。

しかし、それ以外にも遺伝的に太りやすい体質だったり、ストレスによる過食など様々な原因があります。

子猫の避妊去勢もホルモンバランスの崩れから、肥満を起こす原因ともいわれているようです。

また猫の場合は数が少ないですが、甲状腺機能低下症やクッシング症候群、高脂血症などの病気が原因で肥満になることもあります。

子猫の肥満の判断は?

猫が肥満かどうかの判断するには、猫のお腹でなく後ろ足の内太股あたりで判断するといいと聞いたことがあります。

そのほかには肥満の度合いをチェックする方法に、「ボディー・コンディション・スコア(BCS)」という方法があります。 

四つ足で立っている猫を真上から見たとき、猫の肩よりお腹の方が出っ張っていて身体がヒョウタンのように見えたり、背骨を触った時に背骨の上に脂肪を感じたり、あばら骨が脂肪の下でどこにあるかわからないようだったら肥満と思ったほうがいいと思います。

太ももの内側、お腹の皮膚がタルタルしていたり、伸びやすいのは正常ですから、引っ張った時に感じられるのが皮膚だったら肥満ではありません。

しかしながら見た目・触っただけではわからない隠れ肥満の猫もいるので気をつけましょう。

猫は痩せにくい

子猫はそもそも体が重くなれば、動くことが億劫になり、体を動かすのは食べる時と排泄行為だけになってしまいます。

それも子猫は寝ている時間が多いために代謝も抑えられ、療法食を与えてもなかなか痩せません。

だけどふっくらとした子猫は福々しくて可愛いから痩せなくてもいいんじゃないかな。

スポンサーリンク

子猫のお腹がダラ~ンとタプタプは肥満ではない

猫のお腹のタプタプした部分を専門用語で「ルーズスキン」と呼ぶのですが、どんな猫にも見られる現象なので、これは肥満ではありませんので安心ですね。

猫のお腹のルーズスキンとは?

猫のルーズスキンは脂肪や肥満とは関係ありません。

それは、猫同士、喧嘩をして身体を噛まれた場合、お腹にルーズスキンがあれば内臓に致命傷を負うことがないからです。

私も人間ですが、私のお腹にもルーズスキンがあるんです(笑い)。

また、猫が高くジャンプをするときに体の皮が突っ張らないようにするため、そして一番柔らかいお腹に致命傷を負わないためにルーズスキンがあるんです。

これは猫だけでなく、あらゆるネコ科の動物に見られる現象だといいますから、自然界で生きる動物にとっても、ルーズスキンは非常に大事な役目を果たしているのかも知れません。

子猫のぽっこりお腹は腹水かも

猫に腹水が溜まる・・・というのは、重篤な病気の症状であることが多いです。

例えばFIPや腫瘍、肝炎など多々あります。

その場合は早急に病院を受診した方が良いでしょう。

猫の肥満によるリスク

心臓や血管への負担(循環器系の病気:心肥大、心不全、高血圧)などになってしまいます。

皮下脂肪が増えると、皮膚への栄養血管にも負担がかかることで皮膚病になりやすくなったり、キズが治りにくくなります

猫の体重が増えることで関節への負担(関節炎、椎間板ヘルニア、靱帯断裂)がかかり、ますます猫は動くことを億劫がって肥満がひどくなってしまいます。

その他、便秘になりやすくなったり、腫瘍ができやすくなったりするといわれています

猫のダイエット方法

食事によるダイエットとしては、食事量を減らすのではなく低脂肪・高繊維質で、なおかつ他の栄養素のバランスの良い食事にします。

成長期に必要なカロリーは体重1kg当たり約80kcalですが、成長期を過ぎた猫は成長期のカロリーの2割減程度でOKです。

一度に食べる量を制限し、分けて食べさせることでエネルギーの消費が大きくなるようにします。

ダイエットは急激にするよりも1週間で体重の1~1.5%程度減らしていくのが理想とされているようです。

私は、2~3回に分けて与えるようにしています。

肥満になりやすい猫はもともと食いしん坊さんが多いので、出された食事を一気に食べることで、よけいに太ってしまうからです。

食事は少しずつよく噛んで食べる、これは猫でもダイエットの基本ですよね。

また、運動によるダイエットとしては、猫が身体を動かしたくなる遊びに誘ってあげてみると効果的です。

例えば子猫の大好きな玉を転がしたりして遊んであげると楽しそうに猫が追いかけていきます。

丸々とした太めの猫を見ている分には可愛いですが、健康で長生きして欲しいので、適正体重を維持できるように私がきちんと管理しています。

まとめ

子猫を太らせないためには、とにかく定期的な体重測定、フードも良質のものを選ぶことです。

すべての猫が、この記事で少しでもお役に立てくれて、幸せに暮らせになってくれれば幸いです。

スポンサーリンク