子猫がうんちでないのはもしかして便秘なの?

子猫の場合、何日くらい便が出ないと「便秘」なのでしょうか?

やはり子猫の私たち飼い主が日頃からのうんちチェックはもちろんのこと、きちんとした予防法をしてあげないとかわいそうです。

ここでは、子猫が便秘になってしまったら、飼い主さんはどのように対応すれば良いかをお知らせします。

スポンサーリンク

子猫の便秘とは?

本来排泄されるべき便が、お腹の中に残っている状態が「便秘」です。

 丸2日便が出ていなければ便秘だと言えますが、たとえば便が出ていても硬くて小さいポロポロしたものであれば、それもまた便秘だと思います。

子猫は便秘になりやすい生きものニャーンだよ

そうなんです、子猫は便秘になりやすい生きものなんです。

便秘、と聞くとたいしたことがないように思いますが、実は万病のもとになり得る危険な症状といっても間違いないみたい。

食べたものがどのようにうんちになるの?

食べものは、人と同じように食道を通り、胃に到達します。

そこで消化され、さらに十二指腸で消化します。

そして小腸で栄養が吸収され、残りかすは大腸へいきます。

そして最後に水分が吸収され、うんちになり、排泄されます。

しかしながら便秘になると、何らかの影響で、大腸で水分が吸収され、そこにあるうんちがカチカチに硬くなって出にくくなってしまうんです。

2?3日便通がなければ、それはもう完全な便秘といえるでしょう。

スポンサーリンク

子猫が便秘になる原因とは?

なんといっても子猫の便秘は水分不足が考えられます。

そもそも猫は、あまり多量に水を飲まない動物とされているので、うんちが硬くなりやすいのは間違いありません。

次にかんがえられるのが、毛づくろいの際に飲み込む毛玉も、便秘に拍車をかけています。

そして無視できないのがストレスです。

部屋の模様替えなども、猫にとってはすごいストレスになるみたいです。

もちろん年をとってくると加齢に伴う便秘も考えられます。

子猫の便秘を治す方法

子猫の便秘には、やはり水分不足が考えられるので、食事を見直してみる必要があると思います。

ドライフードを、ウエットフードに変えてみるとずいぶんと改善できるみたいです。

それはフードに水分が含まれているので、便秘解消の効果が期待できるのです。

私は、そのフードにオリーブオイルや無塩バターなどの良質な油分を加えています。

だけど量には注意することも大切です。

あまり与えすぎると、今度は下痢の原因となってしまうからです。

ほんとうにちょっとしたことだけど難しいものですね。

この方法で便秘が解消したら、また徐々に元の食事に戻していけばいいと思います。

もちろん飲み水はいつも清潔で新鮮なものにします。

飲み込んだ毛玉が便秘を引き起すこともありますが、こまめにブラッシングをしておけば、飲み込む毛の量が減ります。

「猫草」を食べさせることも、イネ科の植物で、毛玉を吐き出しやすくなる効果があると言われています。

そして子猫はストレスでも便秘になりやすいので、ストレスにならない環境作りが大事になってきます。

猫はよく「人ではなく、家につく」と言われていますが、それくらい環境の変化には敏感な動物だということです。

加齢に伴う便秘においてはマッサージが一番いいそうです。

便秘しているときにトイレの位置を変えるのは

トイレは、猫が落ち着ける場所に設置するのが基本です。

ですから便秘をしているからと言って、特に場所を変更する必要はありません。

獣医さんに受診

子猫が便秘が続くと、食欲が落ちてグッタリすることがあります。

また、いきんでも便が出ない状態は、猫にとっても辛いものです。

それも食事を改善しても2日間便秘状態が続いたら、まずは獣医さんに受診するしかありません。

まとめ

子猫の単なる便秘だと思っていたら他の病気の症状だったこともあるので、いつもよく観察してあげましょう。

すべての猫が、この記事で少しでもお役に立てくれて、幸せに暮らせになってくれれば幸いです。

スポンサーリンク