猫はお風呂が嫌いなの?

猫は本来きれい好きで自分で毛づくろいをするので、基本的にお風呂に入れなくても大丈夫だと思います。

だけどやはり時にはお風呂に入れて猫ちゃんをきれいにしてあげたいものです。

ここでは、猫はお風呂が嫌いなのかお知らせいたします。

スポンサーリンク

猫の祖先の影響

私が思うには、猫がお風呂嫌いなのは、猫の祖先が暮らしていた環境の関係ではないかなと思います。

猫の祖先は、砂漠が多いアフリカ北部やエジプトなどに生息していたことで、水浴びをする習慣がなかったことが遺伝的に受け告げられているのではないかと予想しています。

また砂漠では昼夜の寒暖差が激しいので、夜になって気温が下がったときに水に濡れたままだと、体温を奪われて命に関わるようなことになり、本能的に体が濡れることを嫌うのかもしれません。

猫は体温が奪われることを嫌う

猫のふわふわとした被毛は、体温を維持するために密に生えた綿毛のような短い毛(アンダーコート)になっています。

このアンダーコートはとても細くてやわらかいため、一度水に濡れるとなかなか乾きません。

その証拠には、野良猫たちも、雨が降ると屋根があるところに避難し、狩りにもほとんど出ていないですよね。

スポンサーリンク

猫が触られるのを嫌がる

そもそも猫はお風呂嫌いな動物です。

そのうえで、猫は、触られたり抱っこされることを嫌う子が多いです。

全身を洗うとなると、猫が触られるのを嫌がるお腹や手足の先にも触れなければならないので、猫は嫌がるのです。

猫のお風呂嫌い対策

①部屋の温度を高めにしておく。

②あらかじめ、ブラッシングして、抜け毛や汚れが取れやすいようにしておく。

③先にお湯で濡らしてホットタオルで猫の毛をなぜて、安心させること。

まとめ

猫は、毛が乾きにくく、自分の匂いもなくなってしまうため、お風呂が苦手です。

やはり猫に「お風呂は楽しいよ!」と遊びを取り入れていかなければ、克服できないように感じます。

すべての猫が、この記事で少しでもお役に立てくれて、幸せに暮らせになってくれれば幸いです。

スポンサーリンク