猫をお風呂好きにさせるための必見術とは?

お風呂嫌いの猫をどうすればお風呂を嫌がらない猫になってくれるの?

ここでは、猫をお風呂好きにする必見術お教え致します。

スポンサーリンク

小さなころから慣らす

猫がお風呂嫌いなのは、猫の祖先が暮らしていた環境の関係だと思っていますので、できるだけ猫の小さいときから慣らすことで、すんなりとお風呂が好きになってくれます。

子猫のうちからお風呂に慣らせると、大人になってもほんとにすんなりに入れることができます。

猫は体温が奪われることを嫌う

猫のふわふわとした被毛は、体温を維持するために密に生えた綿毛のような短い毛(アンダーコート)になっています。

このアンダーコートは、水に濡れると吸収してしまい、乾きにくいのです。

ですからできるだけぬれたタオルで、素早く汚れをなぜるようにふき取ってあげると、毛が早く乾いてくれて、猫ちゃんもいやがらないようになります。

スポンサーリンク

猫を短毛にする

短毛の猫は毛も、もつれないし、匂いもあまりないし、猫は自分できれいになめているので、そんなにお風呂に入れなくても大丈夫です。

ただ泥だらけになったときの猫は、仕方なく風呂に入れなくてはいけませんが、それでもできるだけタオルを利用してあげることで、お風呂に入れなくてもすむようにしてあげることが必要だと思います。

猫のお風呂嫌い対策

①部屋の温度を高めにしておく。

②あらかじめ、ブラッシングして、抜け毛や汚れが取れやすいようにしておく。

③先にお湯で濡らしてホットタオルで猫の毛をなぜて、安心させること。

④汚れているところだけを集中してしゃんぷうをすること。

まとめ

猫は、毛が乾きにくく、自分の匂いもなくなってしまうため、お風呂が苦手です。

ですから猫をお風呂に入れる必要性と頻度は、できるだけ少ないほうがいいと思います。

それこそ抜け毛が気になったら入れようくらいの気持ちで十分だと思います。

どちらにしても猫に「お風呂は楽しいよ!」と遊びを取り入れていかなければ、克服できないように感じます。

すべての猫が、この記事で少しでもお役に立てくれて、幸せに暮らせになってくれれば幸いです。

スポンサーリンク