猫の風呂後にドライヤーをうまくかける方法!

私の猫ちゃんったらドライヤーの風が耳にあたるのが嫌いなんです。

ここでは、猫の風呂後にドライヤーをうまくかける方法についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

猫が風呂が嫌いな理由

猫は、風呂があまり好きではないことはみなさんもよくご存知のことだと思います。

私のところでもそうですが、なんといっても猫は水にぬれることを嫌うんです。

猫をぬれたまま放置するとどうなる?

猫を風呂からあげてそのままにしておいたらどうなるでしょうか?

猫はお水が付いたまま放置すると、乾かなくて風邪を引いてしまうばかりではなく、がっちりした固い毛玉になってしまいます。

そうすると後から猫をブラッシングすると言ってもほんとに一苦労なんです。

猫をドライヤーに慣らす

猫にとってドライヤーはなんといってもうるさいために苦手なようです。

そういう事からも、まず猫にドライヤーをかける場合は子猫の時から慣らす事が必要だと思います。

スポンサーリンク

猫のドライヤーをかける順序 

まずは、猫の毛を優しく絞ってしっかり水を切ります。

そして少し大きめな吸収力の強いタオルを使って水気を拭き取ります。

ドライヤーを当てながら手で大まかに乾かしていきます。

ただドライヤーの風邪を直接猫にあてないことがコツです。

猫の背中が乾いたら横腹、胸を乾かします

続けてお尻・お腹・顔・足・尾を乾かしていきます。

猫にドライヤーをかける時の気をつけたいこと

両手が使えるようにドライヤーを設置できるスタンドを設置すると楽に早くできます。

また、吸水性の良いタオルを使うことで、ドライヤーをかける時間を短縮できます。

時には、私はキッチン用のペーパータオル、吸収が良くて重宝してます。

ブローする時の温度ですが、気を付けないと火傷をさせてしまうことがあるので、猫に触りながら私の手に風を時々当てていやがらないように気をつけています。

こうすれば猫が熱くないか確認できますよね。

猫が嫌がる場所

猫が嫌がるポイントは、お尻、お腹、顔、足・尾です。

一番嫌がるところは、できるだけ最後にすることが大切だと思います。

ドライヤー以外で濡れた猫を乾かす方法

温かい所が大好きな猫はファンヒーターの前で毛繕いしている間に乾いてくれます。

私はこたつがあるので、猫の水気をしっかり拭き取ったら、こたつに入っていてもらうこともあります。

まとめ

お風呂あがりの猫を乾かすのは、ほんとうに重労働です。

ですから私は、ブラッシングを毎日してあげて風呂は時々です。

それは頻繁なシャンプーは必要な皮脂を奪うことで、皮膚トラブルの原因になるので気をつけています。

すべての猫が、この記事で少しでもお役に立てくれて、幸せに暮らせになってくれれば幸いです。

スポンサーリンク