猫が安心して電車に乗れる持ち込みアイテムとは?

猫といっしょに電車に乗るときには、乗客の中には猫が苦手な人がいるかもしれないので、できるだけ迷惑にならないようにしたいと思います。

一方で、愛猫にもなるべくストレスを与えないように気遣ってあげたいものです。

ここでは、猫が安心して電車に乗れる持ち込みアイテムについてご紹介いたします。

スポンサーリンク

布製で形状が固定しないペットスリングはだめ

JRでは布製で形状が固定しないペットスリングなどでは乗車できませんでした。

「ペットスリングについては、「布状で形態が固定しないもの(ドッグスリング等)については全身が入っていてもご利用いただけません」となっていました。

電車に猫を乗せる基本的なルール

猫を電車に乗せるためには、ルールやマナーをきちんと守らなくてはいけません。

そこで、電車に猫を乗せる基本的なルールは、

・ペットの全身が隠れるものであること

・長さ70センチ以内

・タテ・ヨコ・高さの合計が90センチ程度

・ケースと動物を合わせた重さが10キロ以内のもの

スポンサーリンク

FUNDLEのペットスリングは電車でも使える

FUNDLEのペットスリングは、「ペットを抱っこする感覚で利用できるため、また、キャリーバッグ」という意味を込めて、「スリング」という名称で販売されていることからキャリーバッグでのペット持込みが可能なほとんどの鉄道機関で利用できるらしいです。

備えあれば憂いなし

電車に乗ったときには、猫は必ずキャリーバッグに入れる必要があるので、多少の衝撃に耐えられる頑丈なもので、通気性の良いものがとてもいいと思います。

そうして備えあれば憂いなしじゃないですが、トイレシートやティッシュ、ゴミ袋の用意をすることと、座席についた毛を取るための粘着テープや消臭剤なども用意するようにしています。

アイテム一覧

・おやつ(猫のお気に入り)

・トイレシーツ数枚

・おもちゃ(静かに遊べるもの)

・給水器

・空間消臭剤(無香料)

・キャリーを覆う布

・マナーポーチ

まとめ

電車に乗る前には、猫がキャリーに慣れるようにあらかじめ練習をすると、楽しい電車の旅になります。

また、猫といっしょに電車に乗るのなら、どの交通機関にも言えることですが、混雑時はできる限り避けた方が良さそうです。

すべての猫が、この記事で少しでもお役に立てくれて、幸せに暮らせになってくれれば幸いです。

スポンサーリンク