猫といっしょに電車に乗る料金は格安運賃!

私は、実家への帰省に必ず猫といっしょに電車で帰るようにしています。

そのときに猫の電車料金が気になります。

ここでは、そんな猫の電車料金についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

手回り品とは

猫を入れるケースの長さ70センチ以内で、タテ・ヨコ・高さの合計が90センチ程度のケースにいれたもので、ケースと猫の体重を合わせた重さが10キロ以内のものを手回り品といいます。

運賃は0円

私鉄各社や都営地下鉄やバス、東京メトロも猫をケースに入れれば、いしょに猫と移動が可能です。

この時の運賃はうれしいことにかかりません。

スポンサーリンク

JRグループ

JRグループでは、290円で、電車や新幹線に猫といっしょに乗ることができます。

京阪電車

※手回り品1個につき, 長さ70cm以内 タテ・ヨコ・高さの合計90cm程度 重さ10kg以内で、280円になるようです。

猫と一緒に列車に乗るには?

長さ70センチ以内、最小の立方形の長さ、幅および高さの合計が90センチ程度で、猫を合わせた重さが10キロ以内になる容器に猫の全身を収納してから、改札口にて手回り品きっぷを購入すると大丈夫です。

まとめ

私が思っていたよりも猫の電車の運賃は安いなあとおもいました。

だからいつもいっしょに猫と電車のたびがしたいなあなんて時々考えています。

すべての猫が、この記事で少しでもお役に立てくれて、幸せに暮らせになってくれれば幸いです。

スポンサーリンク