猫といっしょに帰省する時の電車移動の注意すべき点とは?

私が、実家に帰るときにはできるだけ猫ちゃんといっしょに帰っています。

それはペットホテルとかに預けると、病気が移る危険性やストレスで餌を食べなかったり、トイレをしない危険があるとか聞いていたので、それならいっしょに帰省すればと思ったからです。

スポンサーリンク

ねこといっしょに帰省するために準備したもの

猫の電車移動を少しでもつらくないものにするために、いろいろと準備が必要でした。

まずは、歩いているときも新幹線や車の中でも猫から私の顔が見えるようにしました。

バッグの底にペット用トイレシーツを1枚敷き、出発数日前からまたたびスプレーをバッグにかけて、猫ちゃんのお気に入りの小さな玩具を一緒に入れてあげました。

電車移動の際の必需品リスト

キャリーケース(ケージ)

猫のいつものお気に入りのもの(布やタオル、おもちゃなど)

トイレシート(交換用も数枚用意しておく)

ハーネスとリード

ティッシュ・ゴミ袋

水・スポイト

電車に乗る前に慣れさせることとは

電車に乗る前に、特に猫に慣れさせておきたいのが「キャリーバッグ」と「ハーネス」です。

特にあらかじめ帰省する前にキャリーバッグにならせておくことがとても大事だと思います。

そうすることで、帰省前にキャリーバッグに無理やりいれさせることもなく、すんなりと入ってくれます。

スポンサーリンク

新幹線の移動

新幹線に乗る前にまず窓口で手荷物料金を支払いました。

そして周囲の迷惑にならないように小声で猫ちゃんに声を掛けることをずっとしていましたから、とても静かにしてくれていました。

新幹線の車内では、「ニャーン」と声を上げることもごそごそとバッグの中で暴れることもなく、私の猫は大変にお利口でした。

実家の猫の様子 

まずは、実家の私の部屋だけで放して自由にさせてあげました。

私の猫は昔から臆病者でもあるので、最初は隠れていましたが、だんだん部屋中を歩き回るようになりました。

そうして、部屋の扉も開け放して、今ではなんと自由に実家中を
行き来するようになりました。

もう実家も私の猫ちゃんにとっては自分の家になっちゃったかな。

電車は安全で確実

少しでも猫に負担をかけたくないときは、やっぱり電車で帰省したほうが猫にとって安心で確実です。

猫と電車に乗るときのルール

JRグループによると、「小犬、猫、鳩またはこれらに類する小動物(猛獣やへびの類を除く)で、長さ70センチ以内で、タテ・ヨコ・高さの合計が90センチ程度のケースにいれたもの、ケースと動物を合わせた重さが10キロ以内のもの」を手回り品として扱っています。

つまりは、電車は、ペットの体全体をケースに入れることがルールになっています。

猫が苦手な方や猫アレルギーの人の対策

電車の乗車客の中には猫が苦手な方や猫アレルギーの方もいます。

こういった方のためにも、猫をすっぽり隠せるバッグタイプのキャリーをしてあげる必要があると思います。

 

 

まとめ

帰省するのに、家を留守にする時。長時間猫を留守番させたくない、と思ったら猫と一緒に移動するしかありません。

やっぱりそのためにも念入りに計画して、猫のストレスを軽減してあげることが大切なことだと思います。

すべての猫が、この記事で少しでもお役に立てくれて、幸せに暮らせになってくれれば幸いです。

スポンサーリンク