猫にポテトチップスは絶対に与えてはいけないその理由とは?

私の大好きなコンソメ味のポテチやのり塩味のポテチなどは香りもとても良く、私が食べてたら猫が食べたがるんです。

だから空っぽのポテトチップスの袋をあげると、ニャンだニャんだと気になるようで、やってきては袋の中に多少顔をつっこんで匂いをクンクンしています。

私の子猫が病気になる可能性が高まることが分かっているので、我が家では絶対に与えないようにしています。

ここでは、猫にポテチはだめだという理由をご紹介しますね。

スポンサーリンク

ポテチはかなりカロリーが高いから肥満になる

ポテトチップスはかなりカロリーが高いのでたくさん食べてしまうと、気づけば肥満になってしまっていたという事態になりかねません。

猫が病気になり易い

猫が肥満になってしまうことで、体が大きくなるだけでなく糖尿病や皮膚病などにかかりやすくなる可能性が高くなっちゃいます。

また、猫にポテチを与えてしまうと泌尿器系の病気や、心臓の病気になってしまうこともあります。

スポンサーリンク

胃にもたれると脱水症状になる

猫が普段食べているものに比較すると、ポテトチップスは油っぽいため胃にもたれ嘔吐の原因になる可能性があります。

また、猫はあまり水分を摂取しない動物だからこそ、脱水症状を起こしやすいと言われています。

塩分がたくさん含んでいる

ポテトチップスには塩分がかなり含まれています!

猫にその多くの塩分を与えることはカラダの健康を損なうことが分かっています。

特に猫に過剰に塩分を摂取させると腎臓に負担がかかってくるようです。

トランス脂肪酸

ポテトチップスは油で揚げているために、トランス脂肪酸が発生するんですが、このトランス脂肪酸の油は猫には気をつけたほうが良いようです。

アメリカでは2018年6月にトランス脂肪酸を全廃することが決定しているほど、体に悪影響を与える油なのだそうです。

猫にじゃがいもは大丈夫なの?

ポテトチップスは、猫にはあまりよくないといってきましたが、それならジャガイモはどうなのでしょうか?

じゃがいもは、水溶性の食物繊維が豊富なので、便秘気味の猫には良いといわれています。

しかしながらじゃがいもは野菜の中でも糖質が多いので、与えすぎると肥満の原因になりそうなので、十分きをつけなくちゃいけないかなと思っています。

まとめ

高カロリーで、高塩分のポテトチップスは猫にとって不必要な食べ物です。

だから猫にポテチはもちろん、人間の食べ物は食べさせないようにしなくちゃいけないにゃーん!

すべての猫が、この記事で少しでもお役に立てくれて、幸せに暮らせになってくれれば幸いです。

スポンサーリンク