猫にバナナを食べさせるとどうなる?

私が、バナナを食べようと皮をむいていたら、スーッと子猫ちゃんがきちゃった。

猫にバナナは大丈夫なのかって思いながら、仕方なくあげちゃったら・・・。

ここでは、猫にバナナをたべさせたらどうなるのかご紹介いたします。

スポンサーリンク

バナナの成分とは?

バナナには豊富な栄養素が含まれています。

バナナには、炭水化物、タンパク質、カリウム、カルシウム、マグネシウム、カロテン、ビタミンC、ビタミンB2、ビタミンB6、ナイアシン、葉酸、食物繊維などほんとに豊富な栄養素が含まれています。

バナナは、猫の体を健康に保つためにも必要な成分が含まれている食べ物といえるのです。

ですから、猫がバナナを食べても健康上の問題はありません。

バナナ1本分(100グラム)は約84キロカロリーといわれています。

人間に比べて体がずっと小さい猫にとっては、高カロリーの食べ物となるので、少量で十分です。

猫にバナナを与えても大丈夫

バナナには猫が中毒になるような成分は入っていないので、猫にバナナを食べさせても大丈夫です。

スポンサーリンク

バナナの皮は危険

バナナの皮は硬くて消化が悪いので、食べると喉や腸に詰まらせてしまうこともあるのでよくありません。

そして腸閉塞を起こす危険性もあるので、皮は必ずむいて食べさせるように私は気をつけています。

猫にバナナを与える効果は?

バナナは100gあたりに約75gの水分を含んでいるため、あまり水を飲まない猫にとっては、水分摂取の目的でも効果を発揮してくれます。

水分をあまり取らない猫にとっては、便秘気味の子も多いと聞きます。

そのため、水分量が多く、食物繊維が含まれているバナナは腸内環境を整える働きをしてくれるので、便秘にもよさそうです。

また、健康的な皮膚や艶やかな被毛の育成、血液疾患にも役立ってくれるみたいです。

バナナの与える注意点

私の猫は冷たい食べ物が苦手なんです。

だから◆必ず常温の状態で与えるようにしています。

そしてバナナを与えるときには、そのままでなく親指の先程度の大きさ、もしくは輪切りで1cmほどの量を少し与えるようにしています。

もちろん皮を剥いてから与えるようにしています。

ただし、人間でもバナナでアレルギーを起こすことがあるように、猫でもバナナで嘔吐や下痢、痒みや湿疹などの症状を起こしてしまうときには、ただちに中止する必要があると思います。

まとめ

猫にとってバナナは、基本的には食べても問題のないものですが、おやつくらいに少し与えるくらいなら全く問題ないみたいです。

だから猫にバナナは、食べさせてはいけないという食べ物ではないのです。

すべての猫が、この記事で少しでもお役に立てくれて、幸せに暮らせになってくれれば幸いです。

スポンサーリンク