猫の鳴き声で猫の気持ちになれる方法とは?

私は最近子猫とすごしていて、感じることがあります。

猫は、多くの鳴き声で気持ちを表すことが上手だということです。

だから少しでも早く猫の気持ちになってあげると毎日が子猫との生活が楽しくなっちゃいます。

ここでは、猫の鳴き声と猫の気持ちについてご紹介いたします。

スポンサーリンク

猫のゴロゴロという声

猫が幸せを感じている時に喉の奥から発する声として「ゴロゴロ」と言うことがあります。

きっと「幸せだ」って言ってるときだと思います。

また、ある研究では、低いゴロゴロ音が体内に振動で伝わることで傷が癒されるようになるとかいわれています。

クルルルル、プルルルル

猫が、「こんにちは」と人に挨拶をしている時だということだと思います。

私の友達がまねて「クルルルル、プルルルル」って言ったら、私の子猫はとても迷惑そうな顔して逃げちゃいました。

スポンサーリンク

長めにニャーン

猫が、構って欲しいとき。甘えているときには、長めに「ニャーン」と可愛らしく鳴きます。

私は、この猫の鳴き声がとても癒されます。

猫が短い発声で、「ニャッ、ニャッ」

朝の時間帯に猫が短い発声で、「ニャッ、ニャッ」と鳴いているときは、おはようと表現しているようです。

ニャーン、ニャオ

「ニャーン」、「ニャオ」などの訴えるように鳴くのは、エサが欲しいときのようです。

私の猫ちゃんもえさがほしいよってときには、「ニャーンニャーン」ってかわいい鳴き声で、訴えてきます。

私も「あげるにゃーん」なんて猫語で話しています。

まとめ

猫は鳴き方を変化させることによって、私たち人間に意思疎通を図ろうとしているように感じます。

だから猫の鳴き声を理解することで、そのときの私の愛猫の気持ちをわかってあげられるといいと思っています。

すべての猫が、この記事で少しでもお役に立てくれて、幸せに暮らせになってくれれば幸いです。

スポンサーリンク