猫が喜ぶ冬の寒さ対策とは?

猫は寒さにほんとうに弱いみたいです。

だからときに、よかれと思って私がしたその寒さ対策が、猫の負担になることもあるみたいです。

ここでは、猫が喜んでくれる冬の寒さ対策について、その方法や注意点などをご紹介します。

スポンサーリンク

猫は寒さに弱い?

猫は、ほんとうに寒さに弱いようです。

やっぱり歌にもあるのはほんとうだったんですね。

猫にとってアリ型迷惑

猫に使うなら、暖房やホットカーペット、オイルヒーターなど、部屋全体を温める器具を使うといいようです。

ただ私が失敗したのが、暖房の設定温度は、猫が快適と感じる22~24℃でなく、28℃にしてたことです。

それも部屋全体をそんなもんだったので、少しひんやりしたところを作ってあげればよかったと今では反省しています。

猫にとって快適な温度と湿度は?

猫の平熱は38~39度程度と人間よりもやや高めです。

だから私の子猫も抱いてみるとほんとうに暖かくて、まるで湯たんぽを抱いているように感じるんです。

一般的に、猫が快適だと感じる温度は18~26度と言われていますので、人間にとっての適温とほぼ同じなので、私がすごしやすい温度にするようにしています。

スポンサーリンク

また、温度と同様に重要なのが湿度になってきます。

人間も空気が乾燥するとウイルスに感染しやすくなりますが、猫も同様なのです。

ですからできるだけ50~60%の湿度をキープするように、私は気をつけています。

猫の冬の寒さ対策を行う上で、注意したいポイント

お部屋の温度を高いままにしていたり、猫がずっとこたつの中に居させたままにしていたりすると、脱水症状を引き起こすことがありますので、気をつけて水分をこまめに取れるよう水をあちらこちらにおいています。

さらに注意が必要なのが、温度差です。

10度以上の温度差には要注意する必要があります。

ですから外出中もエアコンをタイマーで作動させるなど、できるだけ温度変化を少なくするようにしています。

そうすることで、家の中の温度差が激しいことにならないと思います。

床の上にダンボールなどを敷いておく

床の上に直接猫がころがらないように、タオルケットや断熱マット、ダンボールなどを下に敷いておくと、冷えの予防になります。

冬の猫の肥満には十分気をつける

冬は、猫でも体温を維持するためにエネルギー消費量を増やします。

そのためなのでしょうが、冬になると私の猫は食欲が増しているんです。

「欲しがるから、体に必要なのだろう」と思って餌をあげすぎてしまうと、あれやあれやと言う間に太っちゃったことがありました。

私も太ってるから猫のことは言えないけど、ほんとに気をつけないといけません。

まとめ

お部屋の中を快適な環境にして、子猫も私も、寒さに負けずに健康な体で冬を乗り切りたいと思います。

すべての猫が、この記事で少しでもお役に立てくれて、幸せに暮らせになってくれれば幸いです。

スポンサーリンク