猫は寒さに弱いから対策は今すぐに!

多くの猫は寒さが苦手なようです。

私の猫についても、「ね?こはこたつで丸くなる?♪」と歌われるように、まさに今こたつで丸くなっています。

ここでは、猫が快適に家で過ごすための寒さ対策について、その方法や注意点などをご紹介します。

スポンサーリンク

猫は寒さに弱い?

猫は、ほんとうに寒さに弱いのかといえば、昔の猫たちの祖先が砂漠地帯で生活していたことを考えれば当然なことかもしれませんね。

猫が寒がるサイン

もし、猫が下記のような仕草や行動を見つけたなら、それは寒がっているサインかもしれませんので、すぐに寒さ対策をしてあげましょう。

猫が、とにかく身体を丸めているとき。

毛布やフリース、クッションの中に猫が潜り込んで出てこなくなったとき。

猫の毛を立てて身体をふくらませているとき。

暖かい場所に寄っていくとき。

窓や扉などの近くに猫が寄り付かなくなるとき。

猫が、よく食べるのに水を飲まないとき。

猫の好きなこたつ

人が日ごろから使っているこたつでは、猫にとっては温度が高すぎて低温やけどを起こしたり、いつの間にか酸欠や脱水症状を引き起こしたりする可能性があります。

だから抜け道を作ってあげたり、温度を低めに設定するなどの配慮を忘れないようにしたいものです。

スポンサーリンク

また、「猫用のこたつ」であれば、ヒーターが直接身体にあたらないように配慮されていたり、コードにかじりついて感電することがないよう工夫されているものが多いので、安心できそうです。

安全な冷暖房のエアコン

日が落ちてグッと気温が下がる頃に、暖房を20度前後の温度になるようタイマーセットしておくと、温まりすぎる心配もなく寒さ対策ができそうです。

猫のブラッシングをする

猫は寒さを和らげるために毛を逆立てて、空気をたっぷり入れて暖を取るので、そのためにもブラッシングは効果的です。

私の猫はいつもブラッシングしてあげると嬉しそうに静かにしていますよ。

湯たんぽを使う

「湯たんぽ」は、最近はいろいろなデザインの湯たんぽがあり、選ぶにも迷ってしまいそうです。

私は、猫に対して使用するときには、その製品の注意点をよく読んで守ることはもちろん、実際に湯たんぽ本体を触ってみて適温程度かどうかを確認するようにしています。

もし「やや熱い」と感じたら、バスタオルなどでくるんでいます。

窓や床から離れたところに猫の寝床を作る

窓や床など冷気が溜まりやすいところから寝床を離してときは、猫のストレスを感じたり、イライラしたりすることもあるので、日ごろから窓や床から離れたところに寝床を作るようにしています。

猫の冬の寒さ対策を行う上で、注意したいポイント

お部屋の温度を高いままにしていたり、猫がずっとこたつの中に居させたままにしていたりすると、脱水症状を引き起こすことがあります。

また、猫は、自分が快適な場所を探すことが上手なので、「暑いにゃ」と感じたら、空気の通り道や涼しい場所で気分転換をしてくれるので、そんなスペースも作ってあげています。

それとなんといっても、家の中の温度差が激しいことにならないように気をつけてあげています。

まとめ

私は、よく猫に留守番してもらうことが多いので、できるだけ安全に暖かくできることを考えて、寒い冬の日にも、あなたと猫が暖かく、リラックスした時間を過ごせるように気をつけています。

すべての猫が、この記事で少しでもお役に立てくれて、幸せに暮らせになってくれれば幸いです。

スポンサーリンク