猫を飼うと幸せになる理由とは?

猫との暮らしで、私はどうやら幸せで健康にすごさせてもらっている気がします。

ここでは、私が猫を飼うと幸せになったと思うことをご紹介いたします。

スポンサーリンク

猫は「癒やし」

猫をなでたり、猫と一緒に過ごしたりしていると、なぜか私のイライラしていた気持ちがゆったり穏やかになるんです。

本にも書いてありましたが、これは、私たちの脳内に「幸せホルモン」とも呼ばれる「オキシトシン」が放出されているからなのだそうです。

さらにオキシトシンは、気持ちを落ち着かせてくれる「セロトニン」や、快感や多幸感を得られる「ドーパミン」などの神経伝達物質の分泌を促してくれるんだそうです。

だから猫をなでているときになんだか幸せな気持ちになれるのは、これらの「幸せホルモン」の力のせいかもしれませんね。

逆セラピー効果

私が、少し心や体が疲れているときでも、猫の世話をすることで生活に張り合いが生まれてきて、「元気になろう」という意欲が湧いてくる「逆セラピー」効果が出てきます。

ゴロゴロ音にセラピー効果

私が、猫をなでると、気持ちよさそうに「ゴロゴロ~」「グルグル~」と喉を鳴らしてくれます。

スポンサーリンク

これも本に書いてあったのですが、この猫の「ゴロゴロ~」「グルグル~」と喉を鳴音の周波数は約25~150ヘルツですが、25ヘルツ程度の低周波音は副交感神経を優位にする働きがあり、この副交感神経が優位になると、心身がリラックスして筋肉が柔軟になるため、体温を上げて血圧を下げる効果があると言われています。

このおかげで私も健康に過ごさせてもらっています。

猫飼うと毎日が楽しくなった

猫が、おもちゃで一生懸命遊んでいる姿や、ご飯が欲しいと「にゃーにゃー!」鳴く姿に、甘えん坊モードで擦り寄ってきたり一緒にお昼寝したりと毎日のちょっとした猫との時間はとても楽しくなりました。

精神が安定した

私は、猫を飼う前は突然不安に襲われて夜寝れなくなったり、やる気が起きない、体が怠い、いつもは楽しめることも詰まらない…というような更年期症状になりつつありましたが、、猫を飼ってからは、いつの間にかそういう症状が現れることが格段に少なくなり、精神状態も安定してきていると感じています。

部屋が綺麗になった

私は、猫を飼うまでは、部屋をあまり掃除することもありませんでした。

ところが、猫を飼いだしたときから不要なモノを出しっぱなしにしておくと危ないので、自然と片付けるようになり部屋がキレイになりました。

家に帰るのがとても楽しみになった

私は、仕事が終わると、ふとした瞬間に「早く家に帰って猫に会いたい!」と思うようになりました。

それも早く猫に会いたくて、最寄り駅から家まで歩く時は毎回早歩きをするようになりました。

猫とずっといてもあきない

私は、子猫の可愛い姿、やんちゃな姿、甘えてきたり、イタズラをしたり、変な声で鳴いたりしても本当に一緒にずっと暮らしていて飽きないのです。

まとめ

私は、猫と暮らすようになって、毎日楽しく、子猫から癒しの日々を与えてくれています。

だから私は心や体が疲れたときは、猫にそっと寄り添っています。

やっぱり猫を飼うと幸せになるってのは、事実なことで、幸せをくれる子猫に感謝しています。

すべての猫が、この記事で少しでもお役に立てくれて、幸せに暮らせになってくれれば幸いです。

スポンサーリンク