猫の気持ちをしっぽで教えてくれる方法

猫の気持ちはしっぽに出るといわれています。

だから猫ってしっぽに気持ちが現れているので、さすがの感情のわかりにくい猫でも、実はしっぽで猫の気持ちが分かるんです。

猫により多少違いがあるので、必ず当てはまるとは言えませんが、愛猫の気持ちを知る手がかりにはなるはずです。

ここでは、どんな猫の気持ちのときに、猫のしっぽがどのように動きをするのかを紹介します。

スポンサーリンク

猫にとってのしっぽの役割

猫のしっぽには、バランスをとったり、マーキングしたりする役割の他、感情を伝える役割があります。

シッポを垂直に立てている

シッポをピンと垂直に立てているのは、うれしいときや甘えてるときのしぐさです。

まるで「私、素敵でしょ」って感じです。

また、ごはんがほしいときなどにもしっぽをピーンと立てています。

これはお母さん猫におしりをキレイになめてもらうときもしっぽを立てるので、そのなごりといわれています。

だからといって私はそんなことはできません。

しっぽをくねくねさせる

しっぽをくねくねさせているときは、ワクワクしていることが多いようです。

子猫がしっぽをくねくねさせながら近づいてきたら、遊びに誘っている可能性が大きいので、私はできるだけかわいがってあげています。

スポンサーリンク

しっぽをボワっと大きく見せる

猫のしっぽがタワシのようにボワッと膨らむときがあります。

これは、驚きや恐怖を感じたり、相手を威嚇したり、攻撃態勢のときになります。

喧嘩の際に、しっぽをボワっと大きく見せることで自分自身をを大きく見せ、優位性を持たせるのです。

また、強気になっている状態で、全身の毛を逆立たせることもあります。

シッポを山形にする

シッポを持ち上げるようにした時は、ギクッとした驚きや攻撃態勢になります。

「これ以上、近づくな」のサインです。

しっぽを足の間に挟む

シッポを足の間に挟んだり、体にピッタリと巻きつけている時は、恐怖心を感じているときです。

つまりは猫自分ではどうしようもない恐怖を感じた時のサインです。

だから弱気になっている状態で、体もうずくまって小さく見せることで、相手に自分は弱いから襲わないで欲しいと伝えようとしているのです。

シッポをダランと下げている 

悪いことをして叱られてしょんぼりしている時にシッポをダランと下げていることがあります。

ただし常にだらんとしているときは、病気などで体調を崩している可能性があります。

ですから猫が元気がなさそうなときは、体調に変化がないかよく観察して、いつもと違う様子が見られたら動物病院へ行くようにしています。

抱かれるとシッポを早く動かす

抱かれるとパタパタとシッポを早く動かしている時は、嫌がっているときです。

そのときには、自分のしたいようにさせています。

シッポを大きくゆっくり振っている

猫のしっぽがゆっくりと揺れたり、ときにはピタリと止まったりしながら、ゆったり動いているときは、機嫌のいい状態で、リラックスしているときや安心しているときです。

こんなときには、猫をそっとしてあげています。

左右に振る

リズムをつけてブンブンと左右に振るときは、強いんだぞという闘争心のあらわれのようです。

ただ犬と違ってうれしいから振っるわけではないようです。

まとめ

猫は気まぐれといいますが、子ねこのうちは特に気持ちがころころと変わりやすいようです。

「今どんな気持ちなんだろう?」と気になったときは、すぐにしっぽの動きを見て猫の気持ちを考えてあげています。

ただ猫のしっぽはデリケートな部位なので、むやみに触ったり、引っ張ったりするのは禁物です。

すべての猫が、この記事で少しでもお役に立てくれて、幸せに暮らせになってくれれば幸いです。

スポンサーリンク