猫の気持ちは理由があるから噛む

猫といえば引っかくことがありますが、意外と噛むことも多いです。

猫は親やきょうだいと遊びながら、噛んだり噛まれたりして「噛まれたら痛い」「噛みすぎるとケンカになる」などと自然に学習していきます。

ただ、猫の歯は鋭く尖っていて、甘噛みだってなかなか痛いものです。

ここでは、猫が噛む理由と、やめさせるための対策をご紹介します。

スポンサーリンク

猫が噛む前兆とは

猫を撫でていると、しっぽをパタパタと動かし始めることがあります。

また、抱っこしていたら身をよじらせて逃げようとすることがあります。

そんな時には必ずといって猫は噛むことがあります。

小さなサインを見逃さず、「危ないかも?」と思ったら一度中断して、猫を落ち着かせてあげる必要があります。

愛情表現

ネコは、強いアゴと歯、そして爪を持っています。

猫が、優しく、傷ひとつ付けずに指をカミカミしてくれる場合、ネコは機嫌が良く、あなたがそこにいることが嬉しくてしょうがなくて、愛情表現で、軽く噛むことがあります。

きっと私に対する愛情表現で、心を許してくれてるのかなと思っています。

スポンサーリンク

歯がかゆいとき

歯が生えるとき、生え変わるとき、猫は歯ぐきがむずむずしてかゆくなり、手近にあるものをなんでも噛んでしまいます。

このときは叱るよりもほっておくことがいいと思います。

どうしてもいうときには、噛んでもいいおもちゃを与えてみるといいみたいです。

できるだけ柔らかく、口の中を傷つけないようなものがいいです。

恐怖やストレスで噛んでしまう

猫は、恐怖やストレスで噛んでしまうことがあります。

特に野良猫や、人見知りの猫などにありがちです。

猫に噛まれないようにするためには、信頼される関係を築かなければならないと思います。

少しずつゆっくり距離を詰め、猫に安心な相手だと思わせていくようにすると良いと思います。

もしも猫に噛まれてしまったら

猫の口腔内は雑菌だらけですなので、もし、噛まれて傷ができてしまった場合は、たとえ小さな噛み傷であっても、すぐに流水で傷口をしっかりと洗って、しっかりと処置をする必要があります。

噛み癖をつけないようにする

手を噛まれると、つい反射的に手を引っこめたくなりますが、その動きにつられてさらに噛みつこうとすることもありますので、噛まれたときはあえてグッと口の奥に押しこんでみると、それ以上噛めずに口を離すこともあります。

また、噛まれた瞬間に、落ち着いた大きな声で「痛い!」や「いけない!」など叫ぶのもいいみたいです。

まとめ

猫の口の中には人間にとって重篤な感染症を引き起こす細菌がいます。

もしも噛まれてしまったら、すぐに水道水などで傷口を洗い流し、できれば病院にも行きましょう。

すべての猫が、この記事で少しでもお役に立てくれて、幸せに暮らせになってくれれば幸いです。

スポンサーリンク