猫好きなのに、ある日猫アレルギーに突然なってしまったら?

私は愛する猫ちゃんと暮らしているけれど、いつか猫アレルギーに突然となったらどうしようと思うことがあります。

やっぱり、猫を飼い始めたときは大丈夫でも、しばらくたってから発症することもあるそうです。

もし猫との生活を始めた後で突然アレルギーを発症してしまったらあなたならどうしますか?

ここでは、猫を飼っている人でも誰でも画突然猫アレルギーが発症する可能性があることから、猫アレルギーについてご紹介いたします。

スポンサーリンク

猫アレルギーて突然かかってしまう?

体内に入ってきた異物に対して免疫系が過剰に反応してしまい、間違って自分自身の体を攻撃してしまう現象がアレルギー反応といいます。

このアレルギー反応を引き起こす原因物質がアレルゲンと言うのです。

猫アレルギーは、人間が猫と接触することで起こるアレルギー反応のことです。

猫アレルギーは、猫のフケや体液、分泌液、唾液等に触れることによって症状がでます。

アレルギーの初期症状

アレルギーの初期症状は、軽度なものから重度なものまでさまざまですが、くしゃみ・鼻水、のどの痛み、咳や喘鳴、目の充血やかゆみ、皮膚の発赤などになるそうです。

猫アレルギーというと大したことないなと思う人もいますが、ひどい場合には喘息になってしまうこともあるそうです。

アレルギーを引き起こす因子は多くの人がすでにもっていて、誰でも特定の物質に対してアレルギー症状がでる可能性自体はあるそうです。

アレルギー反応が強く出てしまう人の中にはアナフィラキシーショックを起こして命を落としてしまうケースもあります。

それも猫に触っただけでなく、同じ空間にいるだけでも症状がでてしまうのだから、本当につらいですね。

猫アレルギーの検査

猫アレルギーかどうかを手軽に知る方法として、猫カフェに行くと良いという人がいますが、猫カフェの店内や猫自体が清潔に保たれていると、軽度の猫アレルギーの場合は症状が出ないこともありますし、人によってはアレルギーが出る猫と出ない猫がいるという、相性のようなものまであることもあります。

スポンサーリンク

やはり最終的には病院で検査をすることを強くお勧めします。


まめに掃除すること

できるだけ長く・・・できればずっと、アレルゲンが許容範囲を超えないように子猫と一緒に生活したいと思います。

そのためには、日々まめに掃除することが大切になってきます。

特に・天井、壁、床を掃除することです。

また、ソファー、クッション、カーペット、ラグ、ぬいぐるみ、衣服など、布製品やウール製品はアレルゲンが付着しやすいのでこまめに掃除することも大切です。

私は、あまりお掃除が得意ではないので・・・・がんばります。

空気清浄機を使う

ペット用の製品でも空気清浄機が1?2万円で購入できるものがありますので、空気清浄機を使うようにします。

カーテンを洗濯する

カーテンを洗濯することによって空気中のアレルゲンを7分の1にまで減らすことができることもあるので、2?3ヶ月に1度は洗濯をしましょう。

猫に触ったら手を洗う

猫の毛を触ったり抱っこをした後はしっかりと手を洗うようにします。

猫アレルギーの治療

猫アレルギーの治療法はまだ完全に確立されていないため、基本的には治すことができません。

ですからできるだけ猫アレルギーにならないように日ごろから対策をしっかりすることが必要だと思います。

そして「病院で症状を抑える薬を処方してもらう」「アレルゲンを減らす努力をする」ことにより、症状を軽減するのが一般的です。

まとめ

猫アレルギーは案外身近なものです。

誰でもはじめは、最後まで大切に育てつもりで猫との生活を始めると思います。

猫を飼った当初はアレルギー症状がでなくても、ある日突然に猫アレルギーになってしまうこともあります。

「猫アレルギーになっちゃったから、もう猫とは暮らせないわ~!」なんていうことにはしたくありません。

最後まで守ってあげたいと思うのは私だけでなく、きっとあなたもそう思ってくれればとてもうれしく思います。

最後に注意することは、猫アレルギーになってしまったからといって飼育を放棄したり猫を捨ててしまうと、法律違反となり処罰の対象になりますので、十分気をつけましょう。

スポンサーリンク