猫をお風呂に入れる時の最適な温度とは?

猫の体温は、約38度と、人間より高くなっています。

実は、人間にはぬるま湯と感じる38度程度の湯でも、猫にとっては温度が高すぎのぼせてしまいます。

ここでは、猫をお風呂に入れる時の最適な温度についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

?お風呂に入れる頻度は?

毎日入浴させると必要な皮脂を失ってしまうため、私は通常1から2ヶ月に1回くらいに風呂に入れています。

猫がお風呂好きだと毎日でも入れてあげたくなるかもしれませんが、やめておいた方がいいです。

お風呂好きな猫はいる?

普段から水を怖がらない私の猫は、お風呂好きな猫のようです。

子猫をが、湯にゆっくり浸かっていると、いまにも眠ってしまいそうなくらいリラックスしているときもあります。

お風呂のお湯の適当な温度とは?

猫が入るお風呂の温度は、体温より少し低めの30~35度が適温です。

スポンサーリンク

この温度は30-35度くらいが猫もリラックスできていいようです。

ですから私はいつもお湯の温度は高すぎないようにしています」

ドライヤーで乾かす

風呂からあげるとすぐにドライヤーで乾かしますが、

最初に、吸水性の良いタオルでしっかりとタオルドライをし、水分をとります。

その後、早く乾かそうとしてドライヤーを近づけ過ぎると、やけどの危険性があるため注意が必要です。

ドライヤーの風が直接当たらない様にするために、ドライヤーを遠くからあてるようにします。

背中やお腹など面積の広い部分から乾かしていきます。

ちなみに、猫は耳が敏感ですから、ドライヤーの音を嫌がることもありますので、そのためにも遠くからかけてあげます。

ドライヤーの嫌いな猫にはペットドライルーム

ドライヤーを嫌がる猫や、ドライヤー作業がめんどくさいときには「ペットドライルーム」がいいようです。

「猫の体温と同じ30~40℃の温風」と「美術館の館内と同等の圧倒的静音」なので、ドライヤーの熱さや音が苦手な猫にも安心して使えるようです。

まとめ

猫を怖がらせないよう、優しく話しかけながら手でお湯をかけると、お風呂の気持ちよさに喜んで入浴を楽しんでくれると思います。

私は、普段から子猫をお湯を張ってない洗面所の中に入れて遊びながら慣れさせていました。

すべての猫が、この記事で少しでもお役に立てくれて、幸せに暮らせになってくれれば幸いです。

スポンサーリンク