猫を飼いたい女性の心理とは?

あなたは、猫を飼いたい心理になった経験はありませんか。

猫は他の動物に比べて比較的飼いやすい動物ですが、その分基本的なことは愛情と責任を持って世話をする覚悟が必要です。

だけど猫は散歩をさせる必要もありませんし寝ている時間も多いため、あまり手がかかりません。

そしてペットがいるだけで心の癒しになりますから、ストレス社会で生きる私にとっては大切な存在です。

また、家に帰ってきたら、可愛らしい猫が待ってくれている生活はすてきです。

ここでは、猫を飼いたい心理についてご紹介しますね。

スポンサーリンク

母性本能が強い人

猫の中でも子猫が欲しい人は、母性本能が強い人だと思います。

子猫から目が離せないほど危なっかしい態度は、自分が母親となり面倒を見てあげたいと思うのです。

子猫はトイレや食事など、色々と教えることがありますので、自分の色に染められます。


ボランティア精神が強い

可哀想な捨て猫、雨の日にうずくまっている猫などを見ると、見て見ぬふりができないのです。

人から頼まれて「子猫を飼ってくれないか」と言われたら、たとえ難しくてもつい「いいよ」なんていいそうです。

スポンサーリンク

ストレスが溜まっている

猫を飼いたい心理は、やはりストレスが溜まっている人かなと思います。

もちろん私もその一人なんです。

一人でつまらない時に、子猫が膝に乗って眠ってくれている瞬間や柔らかい体を抱っこした瞬間は、私にとっての癒しになるのです。

きっとストレスが溜まっていると自然とリラックスのために、人は何かを求めるようになるのだと思います。

運気を変えたい

猫を飼いたい心理には、運気をアップしたいと言う欲求もあるかもしれません。

動物から得られるエネルギーは色々とありますが、命を大切にする気持ちは将来的によいことがあるはずだからと思います。

幸運のシンボルとして、自分の環境をプラスに変えたい時に猫を飼いたい心理になってしまいます。

癒されたい子猫

猫は人を癒せるペットです。

犬よりも動きがしとやかで落ちついているため、自分の周辺をあまりかき乱さずに飼えるのが魅力だと思います。

子猫が丸くなって寝ている姿を見ると、嫌なことも忘れられます。

猫が一緒だと恋人と一緒にいる時と同じ幸福感

子猫が家の中に一緒にいると、なぜか恋人と一緒のときと同じくらい幸せな気持ちになれます。

 

 

 

 

 

まとめ

もし一人暮らしで猫を飼いたい場合、まずはペットOKの部屋を探すことが大前提です。

また「どのくらいの時間、家を空けるのか」「猫を部屋に置いて出掛けても問題ないのか」を十分に把握する必要があります。

ただしきちんと最後まで面倒を見てあげることを前提ですが。

すべての猫が、この記事で少しでもお役に立てくれて、幸せに暮らせになってくれれば幸いです。

スポンサーリンク