猫の脱走防止と窓対策とは?

猫の玄関からの脱走にも、もちろん注意は必要ですが、窓からの脱走も注意が必要です。

たとえ今までサッシが開いてても一度も外に出た事がないから大丈夫だと思ってたとしてもゆだんは禁物です。

ここでは、猫が脱走をガッチリ防止できる方法を紹介します♪

スポンサーリンク

猫は脱走に要注意

猫は好奇心がとても旺盛な生き物なので、「外には何があるのかな?」なんて気にしています。

外は猫にとって危険がたくさんある場所です。

交通事故で命を落としてしまうこともあれば、カラスなどの天敵に襲われたり、野良猫との喧嘩でケガをしたり、感染症のリスクもあります。

猫が脱走した事例

例えば網戸を破って外に脱走した猫。

窓を細く開けたまま外出してたらそこから脱走した猫。

本当にいろんな事例があるみたいなので気をつけたいものです。

窓の脱走対策

窓からの脱走を防止するには、窓を閉め切り、鍵をきちんとしておくことです。

猫のいる部屋の窓は決して開けないことが大事だと思います。

スポンサーリンク

網戸だけは危険

大前提として、網戸は脱走防止に何の意味もありません。

それは猫の中には、爪を上手に使って網戸を開けてしまう猫もいるからなのです。

それも網戸が軽いため、猫でも簡単に開けられますし、、網戸ストッパーなどで開かないよう固定しても網戸自体を破ります。

つまり 網戸だけ=窓を開けっ放しと同じことです。

暑さ対策

ネコは暑い時、同じ家の中でも温度が違うところを見つけて一番気持ちのいい場所でじっとしています。

私の猫は、お風呂場とか、玄関とか、フローリングの床など・・・。

しかしさすがにこれだけ猛暑が続くと猫も熱中症にならないかと心配になってきます。

私は、必ず猫の為にエアコンをつけて出掛けています。

電気代を気にされる方がいらっしゃるかもしれませんが、冷房は暖房ほど電気代が掛かりません。

それと暑い家に戻り、強風で急速に冷やすより微弱運転で1日中付けっぱなしの方がいいと聞いたことがあります。

それこそ愛猫が熱中症になり、病院に掛かる医療費を考えたらよっぽど電気代の方がきっと安く済むと思います。

部屋の両窓を開けて、風遠しをよくする

私は外出する1時間前にはとりあえず部屋の両窓を開けて、風遠しをさせます。

片側だけの窓では風が通りにくいからです。

そうして外出するときには窓をきちんと鍵をしめて猫に留守番をしてもらっています。

水を複数個所におく

水をあちこちに置いておきます。

暑さで猫の脱水が心配なので、水分補給のためにもいいと思います。

玄関の脱走防止策

玄関は最も猫が脱走してしまう可能性の高い場所ですから、買い物に行く前や仕事に行く前などは、扉を開ける時には必ず猫が近くにいないか確認することにしています。

私は、玄関にパーティションを置いて脱走しないように対策をしました。

まとめ

猫は思いもよらぬことをしたりすることがあります。

ですから最愛の猫に不幸なことが起こらないように、日頃から脱走に対して注意しておく必要があります。

すべての猫が、この記事で少しでもお役に立てくれて、幸せに暮らせになってくれれば幸いです。

スポンサーリンク