猫砂を食べるねこちゃんと、その対策。病気の可能性は?

2017年11月15日

「トイレの猫砂を食べてしまう」という、困った習慣があるねこちゃん。

飼い主としては猫の健康が心配なので、やめさせたいですよね。

簡単な対策であっさりやめられる場合もあるようですよ。

その解決法を、ご紹介します。

スポンサーリンク

猫砂を食べさせないための対策

えさを増やして空腹を解消する

 

運動量の多い子猫が猫砂を食べてしまう場合は、空腹が原因かもしれません。

多めにえさをあげるか、回数を増やしてみましょう。

猫砂に興味がいかないよう、おやつを与えてみてもいいと思います。

ただ、食べ過ぎによる肥満には注意が必要ですので、体調はしっかり管理してあげてくださいね。

 

猫砂の種類を変える

 

特定の種類の猫砂のみ食べてしまうねこちゃんには、これで解決です。

うちの猫は、おからの猫砂のみに反応していたので、思い切って紙の猫砂に変えたところ、ピタリとおさまりました。

以来、おからの猫砂は使っていませんが、猫砂を食べることもありません。

猫砂の種類は、紙・木材・鉱物・おから・シリカゲルなどたくさんあります。

様子をみながら、ねこちゃんにあったものを見つけてあげてください。

スポンサーリンク

猫と遊ぶ時間を増やす

 

ねこちゃんの気を猫砂からそらすために、飼い主さんがたっぷり遊んであげることは有効かもしれません。

退屈でトイレの砂に興味がいっている可能性もあります。

ねこちゃんお気に入りのおもちゃを見つけてあげるのも、いいですね。

 

また、不安やストレスが原因で猫砂を食べていることが考えられるなら、ねこちゃんが落ち着ける静かな居場所を作ってあげましょう。

猫は意外にさみしがりや。

やさしくスキンシップして、リラックスさせてあげるのもいいですよ。

しつけるつもりで猫を叱るのは逆効果ですのでご注意を。

よけいにストレスを与えてしまうことになりかねません。

 

それでも治らないときは病気の可能性も

子猫が猫砂を食べてしまうのは、成長するとともにおさまることが多いようです。

しかし、大人の猫が異物を頻繁に食べてしまうという場合、病気のサインかもしれません。

 

寄生虫がおなかにいる場合や、異食症(ウールサッキング)の可能性もあります。

異食症の原因には、腎不全や貧血症などの病気が隠れている場合があります。

 

ねこちゃんのためにも、嘔吐や下痢など消化器系に悪い影響が出る前に、いちど病院で診てもらうことをおすすめします。

スポンサーリンク