猫カフェで抱っこはOK?初めての猫カフェマナーと注意点

私が猫カフェデビューしたのは、10年ちかく前。

当時まだ猫を飼ったことのなかった私は、「初めての猫カフェ、猫とどうやって接したらいいの…。」と、ドキドキでした。

すっかり舞い上がって、知らぬ間にマナー違反をしてしまうのは避けたいもの。

当時の自分を思い出して、初めて猫カフェに行く人のために、注意するべきことをお知らせしますね。

スポンサーリンク

猫は抱っこがキライ?

我が家の飼い猫、ハチワレは抱っこが苦手です。

すぐに手からすり抜けて、どこかへ行ってしまいます。

たまに膝に乗って甘えれくれるのですが、そのときはとてもうれしいものです。

このようにツンデレな猫は、自分から甘えるのは好きですが、一方的にかまわれるのは嫌がります。

猫カフェではどうでしょう?

猫の抱っこを禁止しているお店がほとんどのようです。

猫は繊細なので、恐る恐る抱き上げられると不安が伝わります。

また、脇の下を持って無理に抱き上げられるのも、じつは猫は苦しいんです。

無理に抱っこするのは猫にストレスで、引っかかれたり噛まれたりする危険があります。

そのため禁止にしている場合が多いようですね。

しかし数は少ないですが、店員さんに許可を取ってから、猫が嫌がらなければなどの条件付きで、抱っこできる猫カフェもあるようです。

 

猫カフェでやってはダメなこと

寝ている猫のじゃまをする

うちの猫もそうですが、猫は昼間寝ていることが多いものです。

1日のうち、ほとんど寝ていることも珍しくありません。

猫カフェの猫は人間に慣れていることが多いので、お客さんが来ても気にせずに寝ていることもあります。

でも、寝るのは猫の大切な仕事。

仕事のじゃまをしてはいけませんね。

反応がないからといって寝ている猫にちょっかいをだしたり、ねこじゃらしで突いたりするのは、絶対にやめてください。

大声や大きな動作

猫は大きな声や騒がしいのが苦手。

「キャー!かわいい!!」なんて大きな声で叫ぶのはダメですよ。

それだけで嫌われてしまいます。

大きな動作も苦手。

スポンサーリンク

ゆっくりそっと動くことを心がけておとなしくしていれば、ひとなつこい猫ちゃんなら、安全な相手だと思って近寄ってきてくれることもあります。

しつこくする、引っ張る、からかう

猫は独立心が強く、単独行動を好みます。

「自分から行かないときには、ほっておいてほしい」というのが本音。

しつこく追い回したり、耳やしっぽを引っ張るのはNG!

かわいいからといって、からかうのもダメです。

猫はデリケート。乱暴な扱いをうけていると、とても臆病になったり凶暴になってしまいます。

人間がちょっとからかっただけでも、小さな猫にとっては大きなストレスなのです。

じっとみつめる

猫同士は、みつめあうことはありません。

目を合わせるのは、威嚇をするとき。

まじまじと見ると、攻撃をされるのではないかと、猫は落ち着かなくなったりソワソワしてしまいます。

タバコや香水などのキツイにおい

猫は嗅覚も敏感。

猫カフェに行くときは、香りに気をつけたいですね。

人間にとってはいい香りでも、猫にとっては嫌な匂いもあります。

タバコや香水以外にも、湿布の匂いも嫌われる原因。

レモンやオレンジなどの柑橘系も、猫は苦手だといわれています。

 

猫がなでられてうれしい場所

イラストは、うちのハチワレ猫がなでられてよろこぶ場所。

ねこによって多少の違いはありますが、だいたいこんな感じだと思います。

耳の後ろやのど、額や首などの顔まわりをなでられるとよろこびます。(口先、ヒゲは×)

背中も喜びます。とくにお気に入りなのは、しっぽのつけ根。

これらの場所は、猫がじぶんでは届かないので、なでたりかいたりしてあげると気持ちよさそうにすることが多いですよ。

なでる時に注意したいのは、手のひらを急に出さないこと

猫の頭の上に大きな手を広げて出すと、攻撃されたのかと思って驚いて怯えてしまいます。

まず猫の鼻の先に指をそっと差し出して、匂いをかいで安心してもらいましょう。

猫カフェを訪れるひとは、みんな猫好きなはず。

猫はおもちゃではないことを心に刻み、節度あるマナーを守って、やさしい気持ちで猫と楽しい時間を過ごしたいですね。

スポンサーリンク