猫を飼うなら植物に注意!猫に有害な花や観葉植物

猫は飲み込んだ毛玉を吐き出すために「猫草」を食べますね。

そんなかんじで、身近にある植物もけっこう口にしてしまうようです。

でも、猫にとって有害な植物はたくさんあります!

好奇心旺盛な子猫は、とくに注意が必要。

どんな植物が危険なのかを知って、猫の健康を守りましょう。

スポンサーリンク

猫が口にすると有害な花

ユリ

猫に有毒な花として、もっとも有名なのが「ユリ」です。

花・茎・葉など、全体が有毒です。

口にすると呼吸困難や全身麻痺をおこし、命を落とす危険があります。

ユリを挿している花瓶の水を飲んでも中毒の原因となるほど、毒性は強いです。

花粉を吸い込む可能性もあるので、ユリは家に置かないようにしましょう。

ユリ科の植物にも注意。

 

すずらん

ユリに次いで危険な植物のひとつで、毒は植物全体にあります。

下痢、嘔吐、腹痛のほか、不整脈を起こすこともあります

最悪の場合は心不全で命を落とす危険性もあるので、注意が必要です。

 

ポインセチア

クリスマス時期に飾ることの多い真っ赤なポインセチア。

その葉と茎には毒があり、口にすると下痢や嘔吐を引き起こします

命の危険があるほどひどい症状は引き起こしませんが、症状が続くようなら受診してください。

 

あさがお(とくに、チョウセンアサガオ)

あさがおには種に毒があるので、日よけとして育てる場合には注意が必要です。

あさがお科のなかでも、とくに有毒なのは「チョウセンアサガオ」

チョウセンアサガオは毒が全体にあるので、切り花をテーブルに飾るのも避けましょう。

猫が口にすると、下痢や嘔吐のほか痙攣をおこすこともあります

 

チューリップ

球根に毒があります。

間違ってかじってしまうと心不全を起こすこともあるので、球根の保管にも注意が必要です。

スポンサーリンク

 

あじさい

梅雨の時期に美しい、あじさい。

危険なのはつぼみです。つぼみを食べると体内で猛毒の青酸に変化します。

一定量を食べると痙攣や昏睡状態をおこし、呼吸困難で死亡することもあります

少量でも嘔吐をおこすなど危険なため、動物病院へ相談しましょう。

 

猫が口にすると有害な観葉植物

アロエ

健康によさそうなイメージがありますが、猫には有害。

アロエの葉を切ったときに出てくる液には、下痢や体の冷えをおこします。

 

ポトス

鉢植えとして手軽な観葉植物のポトス。

葉や茎に毒があり、口にするとただれたり皮膚炎をおこします。

ただちに水で洗いながしてください。

 

アイビー

観葉植物として人気があり、室内でもよく育てられているので注意。

植物全体に毒があります。

ツル状に垂れ下がっているので、猫がじゃれついて誤って口にしてしまう場合も。

下痢や嘔吐、皮膚のただれをおこします。

 

猫を飼うなら植物には注意

上にあげたのはほんの一部で、猫に有害な植物は数百種類もあるといわれています。

わたしたち人間にとっては癒しとなる花や観葉植物ですが、猫にとっては健康を脅かす有害なものも多いのです。

どの植物をどれだけ食べれば中毒をおこすのかは、猫の個体差や体調によっても違います。

確実に防ぐには、猫のいる部屋には危険な植物を置かないこと。

もしも猫が植物を口にするのを見たり、植物の近くで中毒症状を起こしているようであれば、一刻も早く獣医師に連絡して指示を仰いでください。

※もしもの時の対処法→ヒヤリ!猫が誤飲したかも?!どう対処する?

スポンサーリンク