猫を飼うと決めたら、どこからむかえる?買う?もらう?

ねこちゃんが欲しいときの、入手方法はいろいろ。

入手先ごとにチェックしたいポイントもあるので、知っておくと安心ですよ。

スポンサーリンク

 

猫の入手方法(購入する)

ペットショップで

 

ショッピングセンターやホームセンターに併設されていることも多く、身近な入手先です。

店頭でいろいろな猫を、見てから決められるのがメリットですね。

ただ、衝動買いはNG。

購入後のこともかんがえて、信頼できるお店から購入しましょう。

店内やゲージの中は清潔か?

スタッフの態度は?

猫についての愛情がない店はやめておいたほうがいいかも。

 

ブリーダーから

 

飼いたい猫の種類が決まっている場合は、ブリーダーから直接購入する方法も。

ブリーダーとは、純血種や血統書つきの猫を繁殖している団体や個人です。

ブリーダー協会や獣医師の紹介、猫の専門誌やインターネットで調べて、問い合わせをしてみましょう。

見に行ったときには、猫の生活環境が清潔でととのっているか?母猫はどんな様子か?

ワクチンの接種状況など聞いてみましょう。

対応がぞんざいなところは、避けたほうがよさそうです。

 

猫の入手方法(譲り受ける)

 

知人から

 

知り合いの家に子猫が生まれて、もらい受けることはよくありますね。

そのとき確認しておきたいことは、トイレのしつけや食事の内容など、どんな環境で育ったか。

スポンサーリンク

病気の有無とワクチン接種がおわっているかも聞いておきましょう。

もらう時期は、できれば生後2ヶ月を過ぎてからが良いです。

早いうちに母猫からはなされると、免疫が弱く病気にかかりやすかったり、社交性を身につけていなかったりします。

離乳が終わった生後2ヶ月以降が、子猫のためにはベストですよ。

 

里親から

 

インターネットで「猫の里親募集」と検索すると、たくさんの動物保護団体があります。

まずは問い合わせをしてみましょう。

多くは里親の審査があるので、行ったその日に猫をもらって帰ってくるのではなく、時間をかけてゆっくりむかえるつもりでいたほうがよさそうです。

保護団体も、猫が幸せに暮らせるよう真剣に望んでいるのです。

あと、動物病院にも里親募集のチラシが貼られていることが多いです。病院のスタッフに聞いて見るのも手ですね。

 

保健所など自治体から

保健所には、動物愛護センターなどの施設があります。

ここの猫たちは、時期がくれば死をむかえることになります。

もし猫の種類は問わないのなら、ぜひここから引き取ってあげてください。

あなたのおかげで、1匹の猫の命が救われることになります。

保健所には電話して問い合わせてから行きましょう。

自治体の広報紙などにも、譲渡会のお知らせが掲載されていることが多いですよ。

いずれにしても大切な命を最期まで預かる覚悟をし、家族の一員として一生幸せに暮らせるよう責任をもって育てましょうね。しあわせなニャンコライフを!

 

スポンサーリンク