猫はあなた(飼い主)のことを、こう思っている!

猫を飼っている人なら、「猫の気持ちを知れたらいいな〜」と思いますよね。

ワガママで気分屋のあの子は、何を考えているんだろう。

とくに飼い主である自分のことは、どう思っているんだろう。

そんな疑問に少しだけお答えしますね。

スポンサーリンク

猫は人間を「大きな猫」と思っている?!

おたくの猫ちゃんは、あなたにこんな行動をしてくれていますか?

あなたの隣にぴったりと寄りそって眠ったり、ザリザリと毛づくろいをしてくれたり、スリスリと頭をこすりつけてきたり。

ほかにも、ゆっくりまばたきをしたり、あなたをフミフミしたり、しっぽをピーンと立てたり。

じつはこれらすべて、猫同士で行われる親愛行動ですよね。

ということは…「猫は人間のことを猫(同類)だと思っている!」ようです。

猫が人間を仲間だと思ってくれているなんて、うれしいですよね。

犬の場合は、人間と接する時と犬同士で接する時とでは、態度がぜんぜん違いますよね。

犬は飼い主をリーダーとして、従順に従おうとします。

人間を自分とはちがう生き物だと、分かっているようですよ。

猫は人間のことをバカにしているの?

スポンサーリンク

名前を呼んでも無視したり、新聞やパソコンの上に乗ってジャマをしたり、顔にお尻をくっつけてきたり…。

このような態度から、猫は飼い主を「のろまでジャンプもできない、大きな猫」だと思って、バカにしているんじゃないかと思う人もいるようです。

しかし、それは間違いです!バカになんてしていません!

その証拠に、猫は見下している相手にすり寄ったりしないからです。

あなたの猫は、あなたにスリスリするなど親愛行動をしてくれますよね。

猫と人間は気を使わず対等な関係と考えるのが、しっくりくると思いますよ。

猫の気持ちがわかる良書

『猫的感覚 動物行動学が教えるネコの心理』

イギリスの人間動物関係学者、ジョン・ブラッドショーが書いたこの本には、猫は私たち人間をどう見ているのかが詳しく書かれています。

猫のことをもっと知りたい人には、オススメの1冊ですよ。

猫って特別な存在

以前、別の本で読んで、おもしろかった話を紹介します。

犬は、飼い主のことを「毎日ご飯をくれて、快適な寝床も用意してくれる。飼い主はなんてすばらしい存在なのだ!と思っています。

一方、猫は「毎日ご飯をくれて、快適な寝床も用意してもらえる。私はなんてすばらしい存在なのだ!と思うらしいです。

本人に聞くことができないので本当なのかはわかりませんが、人間に対する犬と猫の意識の違いを考えたら、ありえる話ですよね。

飼い主を人間と認識している犬は、「人間てすばらしい!」と思うし、飼い主を自分と同じ猫だと思っている飼い猫は、「自分はすばらしい!」と、きっと思うでしょうね。

そんな猫って、ますますかわいいです。

スポンサーリンク