猫のしっぽでわかる、猫の気持ち「パタパタ・バタバタ」は?

クールな猫の感情は、しっぽから読み取ることができます。

名前を呼んでも反応がないときも、しっぽをみれば猫の気持ちがわかるかも。

スポンサーリンク

大きくバタバタ左右に振る

 

犬がしっぽを振るときは喜んでいるときですよね。

猫も同じだと思ってちょっかいをだすと、嫌われてしまうことになります。

犬とは逆で、猫がしっぽを大きく動かすときは、不機嫌のサイン。

何かに怒っているときや、イライラしているときです。

できればイライラの原因を取り除いてあげられるといいですね。

 

小さくはやくパタパタ振る

 

なんとなく落ち着かない、なにか不安なことがある場合です。

大きく振るときは感情も大きく、小さく振るときは感情も控えめです。

 

のっそりとゆっくりと動かす

 

気になるものがあるけれど、まだ行動に移していないとき。

しっぽを動かしながら、様子をうかがっているときですね。

リラックスしている状態でもあります。

一点を見つめながらしっぽをゆっくりうごかしていたら、いたずらをしようと狙っているときかもしれませんよ。

 

しっぽの先をピクピクさせる

 

興味のあるものをみつけたとき。

スポンサーリンク

飼い主さんがねこちゃんの名前をよんだとき、知らん顔していてもしっぽの先だけピクピク反応することがありますよ。

呼ばれていることに気付いているけれど、気がのらないのかも。

飼い主さんには、ほっておいてほしい状態です。

 

しっぽをピンと垂直に立てる

ご機嫌のサインです。子猫が母猫におしりをなめてもらうときのポーズなので、信頼して甘えたい相手にみせるポーズです。

ご機嫌で甘えたいときなので、ねこちゃんと思い切りスキンシップをしたり遊んであげるといいですね。

 

毛を立てて、しっぽをふくらませる

 

しっぽの毛が逆立った状態。

驚いたときや恐怖心でいっぱいのときに、しっぽがブワッと広がります。

ふだんは細いしなやかなしっぽが、このときはタヌキのような太いしっぽになるので一目瞭然。

ケンカしているときもしっぽの毛を逆立てますが、これは恐くてたまらないのにがんばって、少しでも体を大きく見せて相手に対抗しようとしているあらわれです。

 

足のあいだにしっぽを巻き込む

 

ケンカで相手に勝てないことを悟ると、攻撃されないように、こんどは自分を小さく弱く見せようとします。ねこちゃんは、恐くて一刻もはやく逃げ出したいきもちです。

しっぽを揺らす大きさや速さだけでも、ねこちゃんの気持ちがわかるものです。

猫がしっぽに触れられるのを嫌がるのは、感情と直結しているからかもしれませんね。

しっぽからのメッセージを上手に読み取りたいですね。

 

スポンサーリンク