猫のおやつ『ちゅーる(まぐろ)』って毎日あげて大丈夫?塩分を測ってみた

いなばチャオちゅーる まぐろ』は、シリーズの中でも定番の味。

スーパーなどでもたいてい置いてあるので、手軽に購入できます。

猫も喜んで食べるしついつい手にとってしまいがちですが、それって大丈夫?!

スポンサーリンク

いなばチャオちゅーる(まぐろ)の原材料は?

《原材料》 まぐろ、まぐろエキス、タンパク加水分解物、糖類(オリゴ糖等)、植物性油脂、増粘剤(加工でん粉)、ミネラル類、増粘多糖類、調味料(アミノ酸等)、ビタミンE、緑茶エキス、紅麹色素

 

とりわけ危険な添加物は入っていませんでした。

「タンパク加水分解物」というのはうまみやコクをだすために使用され、分類上は食品であって、食品添加物ではありません。

一方、調味料(アミノ酸等)は化学調味料で、れっきとした添加物。

こちらもうまみを感じる物質です。

 

まぐろやまぐろエキスのほかに、たくさんうまみ成分が配合されているということですね。

ねこちゃんの食いつきのヒミツはこれでしょうか。

あまりたくさん食べると、味覚が麻痺してうまみを感じにくくなってくるので、あたえすぎには注意です。

 

ほたてやささみ味などにくらべると、香りはひかえめです。

そのためかうちの猫は、ほたてやささみ味のほうが好きみたいですねー。

 

《保証成分値》

粗たん白質・7.0%以上

粗脂肪・0.2%以上

粗繊維・0.1%以下

粗灰分・1.5%以下

水分・91.0%以下

スポンサーリンク

エネルギー・約7kcal/本

 

ペットフードには「粗」をつけて表示するきまりがあるようですね。

およそとかだいたいとかいう意味だと思えばいいみたいです。

 

脂肪が少なく、ほとんど水分です。

おやつとしては、カロリーも控えめでよさそうですよ。

 

内容量:14g×4本

原産国:日本

製造者:いなば食品株式会社

給与方法:1日4本を目安におやつとしてお与えください。

 

表示のように、ほんとうに1日4本もおやつでちゅーるをあげてもいいの?!疑問ですよね。

 

ちゅーる(まぐろ&ほたて貝柱)の塩分はこちら

表示項目に塩分がないので、気になります。

塩分が多ければ腎臓への負担が大きいので、おやつで与えたくありません。

自宅にある塩分濃度計測定してみました。

結果は0.4%。

思ったより塩分は控えめ。

これなら4本食べても、塩分は基準の範囲内だといえます。

でも「ちゅーる」はあくまでもおやつです。

栄養が取れるわけではなく、ちゅーるを食べて摂取した分のカロリーは主食から差し引かなければなりません。

やはり毎日たくさんあたえるよりも、1日1本にしたり、とくべつなごほうびにしておいたほうが良さそうですね。

私が使った塩分濃度系はこちら。気になったら気軽に測れるので便利です。

スポンサーリンク