猫にもシャンプーは必要?お風呂のいれ方を紹介します

室内飼いで短毛種の猫は基本的にお風呂に入れる必要はありませんが、汚れが目立ったり臭ったりする場合はシャンプーしてあげましょう。

長毛種は毛が汚れやすく、ブラッシングだけではきれいにならないのでシャンプーが必要になります。

シャンプーの手順と方法をこちらでおしらせしますね。

スポンサーリンク

準備

シャンプーするときは猫が暴れる場合があるので、できれば2人で行いましょう。

引っ掻かれることもあるので、爪もカットしておくといいでしょう。

準備するものは、猫専用シャンプー・洗い桶(洗面器)・ブラシ・タオル

洗う

体をぬらす順番は、下半身から上半身へ。

 

シャワーの水量を弱めにして、設定温度は35度くらい。

シャワーヘッドを猫にやさしく押しあてるように濡らしていきます。

お湯が飛び散らないので、猫ちゃんがびっくりしにくいです。

顔や頭をぬらすときは水が耳の中に入らないよう、手で耳を閉じてからお湯をかけます。

シャワーだとびっくりする猫ちゃんは、タオルやガーゼにお湯を含ませて濡らします。

 

シャンプーを泡立てます。

 

直接皮膚にかけると刺激が強かったり洗いムラになるので、一度手で泡立ててから使用します。

洗面器などでシャンプーをお湯で溶いて使うのもおすすめです。

 

シャンプーも下半身から上半身の順番で洗います。

 

毛並みに逆らうように下半身から背中へと指で洗います。

爪を立てて洗わないように注意。

 

背中から手をまわしてお腹を洗います。

 

デリケートな場所なので、お腹を触られるのを嫌がるねこちゃんは多いです。

やさしく、手早くすませましょう。

 

前足・後ろ足を1本ずつ洗います。

 

肉球や指の付け根もていねいに。

 

首から顔まわりは両手のひらで包み込むように洗います。

 

あごの下は汚れると、猫ざぞう(ねこニキビ)になりやすいので、ていねいに。

スポンサーリンク

耳の内側も汚れやすいので、ガーゼで拭き洗いします。

お湯や泡が、目・鼻・耳に入らないように気をつけましょう。

すすぎ

 

洗うときとは逆に、上から下へ流していきます。

水流を弱めにしたシャワーヘッドを猫にあてて、泡を流します。

顔はシャワーを嫌がる猫が多いので、手やガーゼでお湯をかけて流してあげましょう。

体の毛の表面だけでなく、手でかき分けるようにしながら奥の毛もよくすすぎます。

お腹や内ももにもションプーのすすぎ残しがないよう、しっかり洗い流しましょう。

 

乾かす

猫の毛には脂分が少ないので、水分が乾きにくいですね。

大きめのタオルで包み込むようにして、ていねいに顔から拭いてあげましょう。

指にタオルを巻きつけて、目の周りや鼻、耳の内側もやさしく拭き取ります。

体はゴシゴシこするのではなく、タオルで包み込むようにポンポンと水分を拭います。

ドライヤーは体から20センチほど離して、低温で。

毛を手でかき分けながらドライヤーをかけていくと、ムラなくきれいにはやく乾かすことができます。

ドライヤーは恐がって逃げてしまうねこちゃんもいます。

その場合は無理に使用せず、天気の良くて気温の高い日にシャンプーをするようにして、日当たりの良い場所でタオルドライをしてあげるとよいでしょう。

乾いたらブラシで梳かして、毛並みを整えてあげましょうね。

 

スポンサーリンク