猫がトイレに砂をかけないのは、なぜなの?

2018年5月9日

ウンチをしたあと、砂をかけないねこちゃんもいますね。

せっかく消臭タイプの猫砂を使っていても、砂をかけてくれないと部屋がにおいますよね。

じつは砂かけをしないねこちゃんにも、理由があるのですよ。

スポンサーリンク

猫が砂かけをしない理由

家の中で安心している

 

野生の猫は、匂いで自分の居場所をしられないよう、排泄物をかくします。

家ねこちゃんには外敵が存在せず、獲物を狩る必要もないので、すっかり安心しているのでしょうね。

ウンチを隠すことをさぼっているのかもしれません。

 

自分がボスだと思っている

 

複数のねこちゃんがいるおたくでは、1匹だけがウンチを隠さない場合があります。

その1匹は、お家ではリーダー的な存在なのではないでしょうか?

これも野生の本能で、ボス猫は自分の地位と縄張りを他の猫にしめすために、わざと目立つようにウンチをするのです。

もしかしたら、飼い主さんよりも立場が上だと思っている可能性もありますよ。

 

飼い主がすぐに片付けてくれる

 

ねこちゃんがウンチしたそばから、いつもすぐに片付けていると、ねこちゃんはウンチの処理をすっかり飼い主さんに任せてしまうことがあります。

スポンサーリンク

自分でやらなくても飼い主がやってくれるのですから、楽チンですもんね。

「うんちでたよー」と、わざわざ報告にくるねこちゃんもいるみたいです。

そんな報告されたらかわいくて、お世話もはりきっちゃいますね。

 

砂かけが下手な猫も、3割います

 

トイレの壁など、ウンチのない場所をカキカキするねこちゃん、ある調査では3割もいるようです。

このタイプのねこちゃんは、野生ではないので排泄物をかくす必要はないのだけれど、つい習性で砂かけ行動をしてしまっているのですね。

ちゃんと決まった場所にウンチをしているのなら、とくに問題ないようですよ。

 

急に砂かけしなくなったら、なにかの意思表示

 

今までは砂をかけていたのに、急に砂かけをしなくなった場合、最近環境の変化がなかったかを考えてみてください。

猫は環境の変化にとても敏感です。

トイレの位置を変えた、寝床の場所を変えた、新しい猫をむかえたなど、ねこちゃんが不安に感じていることあるのかもしれません。

また不満の意思表示として、気に入らない場所にウンチをすることもあります。

そんなときは叱らずに、原因を探ってあげてください。

 

トイレでの様子は、ねこちゃんの健康状態や心理状態を知る大切な手がかりです。

日頃から注意深く観察しておくといいですね。

 

参考記事⇒『猫が砂をかけないのはトイレが気に入らない?!』

 

 

スポンサーリンク