猫がお風呂やトイレについてくる!ストーカー猫の心理

2018年5月13日

お風呂やトイレに行くと、扉の前で必ず待っていてくれる、うちのかわいいハチワレ猫。

扉を開けた瞬間「ニャー!」とあいさつされて、夜なんかは驚くこともありますが…。

「猫に愛されてるなぁ」なんてニヤニヤしちゃうんですけど、猫には別の理由もあるみたいです。

スポンサーリンク

お風呂やトイレの水の音に興味

お風呂やトイレは、普段ドアが閉まっていて猫は入れない場所。

ドアを開けていて猫が入れるとしても、人間が使っているときとそうでないときは様子が違います。

猫の興味をひくのは、水が流れる音です。

いつもと違って水の音がするので、様子を見にきているのです。

飼い主についてくるというよりは、不思議な場所をチェックしにきているのです。

 

トイレの飼い主は無防備

トイレにいるときの人間は、じっとしているだけ。

小さな空間で、自分が注目を浴びることができる場所と知っているのでしょう。

ここぞとばかりに、猫は自分の存在をアピールしているのかもしれません。

 

お風呂の前で待っているのは、別の意味も

猫は、仲間どうしで体をすりつけあいます。

スリスリするのは、自分のにおいを相手につけるのと、あいてのにおいを自分につける目的があります。

お互いに仲間の証拠として、においの交換をするのですね。

自分のにおいと相手のにおいが混ざり合った状態が、落ち着くのです。

スポンサーリンク

これは飼い主と猫の関係でもおなじ。

お風呂上がりの飼い主からは、猫のにおいが消えています。

そのため猫は、いそいでお風呂上がりの飼い主にスリスリして、自分のにおいをつけて落ち着きたいのです。

外出から帰ったときに、猫がスリスリしてくるのも同じ理由ですね。

外から帰った飼い主からは、自分のにおいが薄れているので、においをこすりつけているのです。

 

飼い主を母猫だと思っている?

そもそも群れをつくらずに単独行動をとる猫が、飼い主についてまわるのは不思議ですよね。

エサをくれるからという理由もありますが、お腹が空いていないときにも猫はついてきます。

猫が群れをつくるのは、子育てをしているとき。

母猫と子猫は一緒に行動します。

子猫のころから育てている飼い猫の場合、あなたを母親のつもりで慕っているのかもしれませんね。

エサもくれるし遊んでくれる。

あなたのことをとても信頼しているのでしょう。

うちのハチワレ猫も、家の中で私の行く場所についてくることが多いです。

洗濯物を干す時には一緒にベランダに出て、ひなたぼっこをしていますよ。

もし私のことを母猫だと思っているのなら、『猫の寝る場所でわかる 飼い主との関係』で出た診断結果と一致しますね!

 

ストレスのサインの場合も

時間がなくて最近あまりかまってあげられていないなぁという場合、猫は後追い行動で不安をうったえることがあります。

飼い主にかまってもらえなくて、ストレスを感じているかもしれません

その場合、猫ちゃんとしっかりスキンシップをとって、不安を解消してあげましょう。

いずれにしても、大好きな飼い猫にストーカーされても、わるい気はしませんね。

スポンサーリンク