子猫を飼うには後から後悔しない覚悟が必要!

子猫はただ好きだけでは飼えるものでは有りません。

ずっと子猫に愛情を持ち続け、面倒なことになっても私が責任持たなきゃいけないという覚悟。

子猫が歳を取って糞尿垂れ流しになっても介護する覚悟。

とにかく絶対この子猫は私が守る覚悟。

一人暮らしの私が子猫を飼う前に覚悟して決断したことです。

ここでは、そんな猫を飼うには後から後悔しない覚悟が必要だと思うことをご紹介いたします。

これから一人暮らしのあなたが子猫を飼うためのヒントにしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

思いもかけないこと

私が仕事から帰ってくるとしっぽを立ててニャーって言ってスリスリしてきます。

それも何度も何度もです。

ところが、突然と子猫が元気がなくて食欲もないことがありました。

すぐに動物病院で処置をしてもらいました。

医療費等覚悟していたとはいえ、思いもかけないことは色々あります。

・猫が病気になったら仕事を休んで動物病院にすぐ連れていかなくてはいけません。

それも思った以上に費用も結構かかります。

子猫も生き物ですから、何が起こるか分かりません。

その時、その時で、自分のできる精一杯のことを、その子猫にしてあげれば良いと思います。

しかしながら、猫のかわいさは、それらを凌駕し、私は毎日楽しいです。

猫だってひとりじゃ寂しい

・一人暮らしで自宅をあけている時間が長いなら、猫だってひとりじゃ寂しいです。

例え一泊なら何とか・・でも可哀想です。

私は、仕事が忙しく、夜遅く帰ることが多かったですが、毎日30分だけは、猫との時間を取るようにしました。

子猫が可愛いから許せる

・家具やカーテンなどのインテリアはもれなくボロボロにされます。

スポンサーリンク

服に毛がつきます。

あちこちで吐く←じゅうたんなどにシミが残ります。

通勤用バッグを床に置いておいたら、子猫が中に入っておしっこされて、書類とかおしっこまみれになっちゃいました。

私は可愛いから許せるけど、許せない人もいると思います

光熱費も上がる

真冬や真夏はエアコンなどをつけていかないとならないので
光熱費も上がります。

家に友人などのお客様が呼べない

彼氏や結婚相手が猫嫌いだったり、猫アレルギーの人だったりすると呼べない友人も出てきます。

もちろん子猫にとっても知らない人は大嫌いです。

難しい子猫の性格

私は一人暮らしで猫を飼っていますが、今も目に入れても痛くない程、かわいがっていますが本当に大変です。

毎日夜中に起こされるし、噛むタイプだし、私じゃなかったらこんなにかわいがってもらえないだろうな、と思うほど難しい性格です。

子猫の新しい発見

正直なところ、子猫を飼ってみなくちゃわからないことのほうが多いです。

猫がいるから世話をする。

それも猫飼ってるけど、いまだに新しい発見がありますもの。

やっぱり目の前の一匹の猫と毎日向き合っていればその子が必要としてることとかだんだんわかってきます。

ネットや書籍で知識を得る事

子猫の飼い方について、ネットや書籍で知識を得る事は大事だと思います。

しかし、文字だけでは分からない事もあります。

猫はみなそれぞれに性格がありますから、実際に一緒に暮らしてみて分かることも出てきます。

まとめ

私が猫を飼う前には、やっぱり子猫の大事な一生を預かることになるので、その責任が持てるだろうかとか、やめとけばよかったと思わないだろうかとか、そんな広い家でもないから動物は不満かもしれないとか、いろいろ考えてしまいました。

でも私は、猫を飼うということは、その子に温かい寝床と食事を保証してあげる覚悟を決めて飼うことにしました。

今でも子猫はかわいいです、癒されます。

やっぱり猫飼ってよかったと思います。

スポンサーリンク