子猫を女性が一人暮らしで楽に飼育する方法とは?

女性の一人暮らしでも猫は飼えますが、やはり生活は自分中心ではなく、猫中心になっていきます。

猫の可愛い仕草を見ているだけで癒しにもなりますし、一人暮らしの人にとって話し相手になってくれます。

ここでは、猫を女性の一人暮らしがどのようにして楽に飼育するのかをご紹介いたします。

是非とも女性の一人暮らしをされている人の参考になっていただければ幸いです。

スポンサーリンク

猫は他のペットよりもお世話しやすい

犬の場合、室内で飼っていても毎日の散歩が欠かせません。

また、散歩が不要なハムスターやうさぎは、意外と弱く寿命も短いです。

その点、猫は室内である程度動き回れる空間と、飛び登れる高い場所があれば、運動は充分ですし、思った以上に猫は丈夫ですし、病気の時もペット病院ですぐ見てもらえます。

猫は適度に優しい

猫は犬と違って、気まぐれて自分本位の生き物だから、私は子猫と一緒にいても疲れません。

猫は帰宅しても、気まぐれにこちらをむいて終わり、という場合すらあります。

玄関までお出迎えしてくれる日もありますし、ご飯が欲しいと訴える日もあります。

そして、自分の気が済めばそのままそっと離れていきます。

このつかず離れずの程よい優しさが、一人暮らしに丁度よいのです。

一ヶ月にかかる費用が低コスト

病院に行く事もなく、一ヶ月元気に過ごした場合の猫にかかる費用は、餌を入れても10000円前後です。

スポンサーリンク

餌は、缶詰系が1,000円前後、カリカリが1,000円~2,000円前後。カリカリは10キロパックを購入すれば、一ヶ月は持つので意外と経済的です。

子猫がお留守番をしてくれる

猫は生後2ヶ月程度を過ぎていれば、お留守番も可能ですし、エサも朝晩の2回で済みます。

そのため、一人暮らしで日中は家に誰もいなくなる時間があっても、猫を飼うことができるのです。

猫の最後まで飼うという覚悟

一人暮らしで猫を飼うなら必ず最後まで飼うという覚悟が必要です。

もちろん猫を飼うということは、ケガや病気の際も、それによって障害を持った場合でも、ずっと一緒にいることの覚悟が大前提となります。

心が和む

猫のおっとりのんびりした姿を見ているだけで心が和みますし、モフモフした毛並みを撫でたり顔を埋めることで安心感が生まれます。

イライラしていたり落ち込むことがあっても、猫がいるだけでスッと気持ちが楽になります。

猫は縁起が良い

「招き猫」という言葉があるくらい、猫は縁起が良い動物と言われています。

実際に「猫の置き物をゲンカンに置いたら、運があった」「猫を飼うようになってから、恋愛運が上がった」など、嬉しいエピソードも耳にします。

まとめ

一人暮らしの私が今思うことは、ただかわいいから、好きだから、という気持ちだけでは飼えないのが動物なんだな…と改めて考えるようになりました。

そのかわりに人間がしっかり世話してれば、猫も応えていい子にそだってくれます。

猫は私にとてもなついているので、ほんとに愛情をそそげばそそぐほど、動物は応えてくれます。

私の猫は、寂しさを紛らわしたりかけがえのない存在として気力を与えてくれたりと、一人暮らしの生活に光を与えてくれます。

スポンサーリンク