子猫はお金がかからないけどその飼う費用はいくらなの?

社会に出て一人暮らしをすることで、小さな頃から夢だった猫のペットのいる暮らしはとても幸せです。

ただ猫を飼う場合は最初のお迎え費用以外にも、さまざまな出費がかかります。

例えば子猫を飼う際にかかる費用は、毎月のご飯代だけではありません。

ここでは、猫を一匹飼うのにどれだけの費用がかかっているのかをご紹介いたします。

スポンサーリンク

猫を飼う費用は高いの?

自分の生活だけでギリギリの人だと、猫を健康に飼育するための費用が支払えないと思います。

私の友達に「思い切って飼い始めてみたけれど、予想外にお金がかかってしまい、結局は猫を捨てたという人を知っています。

私は、やはり猫をペットとして飼う前にどのくらいの費用が必要なのかを確認するべきだと思います。

猫を飼う費用は高いかどうかは、人それぞれに感じ方があると思いますが、私はペットを飼う費用としてはあまりいらないなあと思いました。

猫を飼い始めるのにいくら必要?

猫を飼うときに最も費用がかかるのは飼い始めです。

何もない状態から猫グッズを揃えますので、あれもこれも必要です。

猫を飼うための必需グッズ

あくまでも目安ですが、思ったよりもかかりませんのよ。

絶対必要な備品は

・トイレ:3,000円

・トイレ用の砂やペットシーツ:1,000円

・ケージ:2,000円

・キャリーケース:2,000円

・ご飯や水を入れる器:2,000円

・爪切り:2,000円

・キャリーバッグ:3,000円

・爪とぎ:1,500円

・キャットフード:2,000円

です。

食器は、これらは消耗品でもあるので、最初はお手軽な市販品を購入し、買換えや買い足しのときに工夫することも賢い選択です。

それ以外にあると良いのは、おもちゃやブラシです。

また、ご飯や水に関しては自動給餌器や自動給水器を購入すると、費用はかかりますが、長い目でみるととっても役に立つので検討してみてくださいね!

猫に対する医療費

・健康診断費用:5,000円

スポンサーリンク

・混合ワクチン接種費用:6,000円

私が思っていたほどかかりません。

ただし、この健康診断は毎年1回受診し、5歳以降は半年に1回の割合で受けることになります。

猫の健康診断は自由診療ですので、動物病院ごとに値段が違いますので注意してください。

猫の避妊・去勢にかかる費用

オス:1~2万円

メス:2~4万円

費用はメスのほうが高めの金額で、決して安い金額ではありませんが、1回だけのことですから是非とも受けさせてあげましょう。

飼い始めてから毎月かかる費用

猫を飼い始めると、費用となるのは、餌代、トイレ砂代です。

食べる物は安全で安心なものを、という視点は猫も人間も同じで、猫は小食でもあることから、ここは節約しすぎる部分ではありません。 

基本的に、餌はドライフードよりもウェットフードの方が割高です。

キャットフードが決まれば、おやつを含めた餌代の月額は4,000円程度で収まります。

猫砂は思ったよりも消耗しないので、1ヶ月で1000円もあれば十分です。

できれば猫が気に入って掃除がしやすいトイレ砂を選ぶことです。

およそ猫砂と食費を合わせて1ヶ月で5,000円です。

トリミングの費用はいくら?

猫の毛で、特に長毛種の猫の場合は、トリミングをしてあげて、毛玉ができにくくしてあげたいところです。

費用は、おおよそ5,000~10,000円程度です。

これにシャンプー代が500円くらいかかりますが、シャンプー嫌いな猫もいますので、500円くらいであれば一緒にしてもらえばいいかと思います。

猫のワクチンの費用

猫は毎年ワクチンを接種する必要があります。

大体3000円くらいです。

猫の治療費

猫は動物ですので、人間と同じように病気もすればケガもします。

そういったときに動物病院に行って、治療をすることになります。

動物病院は自由診療ですので、治療費がかなり高額になることがあります。

参考までに、私は飼い猫のレントゲンを撮ってもらった時は20000円くらいでした。

猫を病気や怪我で病院に連れていく場合は、最低でも必ず10000円は持っていくようにしましょう。

ペット保険の相場

ペット保険も人間の保険と同じように、年齢によって変わります。

雑種で2歳の場合は、1,200~2,500円が保険料の月払い額の相場です。

猫の場合は新規の加入は8歳までが一般的です。

ただ、保険というのは何かあたっときに備えるためにあるものです。

何が起きるかわからない不安に対しての備えですので、「無駄になる」というのは結果論でしかありません。

猫のトラブルに対して、十分なお金を用意できそうにない人は、ペット保険への加入も検討しておく必要があると思います。

エアコンなど電気代

真夏・真冬は気温の影響で猫が体調を崩さないよう、外出時もエアコンをつけておくほうが安心です。

そうするとエアコンの高熱代も費用として考えていなくてはいけません。

まとめ

飼育費用には猫を初めて迎えるときの初期費用、毎月かかる生活費、年間でかかる予防医療費、病気のときにかかる医療費があります。

そして猫を飼うためには、エサ代やトイレの砂代、おもちゃ代など、毎月1万円近くのお金が必要です。

スポンサーリンク