子猫の1日に必要な睡眠時間はどのくらいなの?

猫は名前の由来が寝子(寝る子)だという説があるほど、睡眠時間の長い動物で、1日平均12~16時間を寝て過ごしています。

私の子猫でも、夕飯の片づけをしている足元で、子猫がコロコロ遊んでいたのに、いつの間にかスリッパの上で眠っていたりして…。

これだけ寝るってことはもしかして具合が悪いのでは?と不安になることもたびたびでしたが、心配はありませんでした。

もともと猫は睡眠時間が長い動物なんです。

そこでここでは、猫に必要な睡眠時間、心地よく寝てもらうためにできる工夫などをご紹介します。

スポンサーリンク

子猫の睡眠サイクルとは

子猫を初めて飼ったときは、あまりに長い時間子猫が寝るので、具合が悪いのかと心配していました。

しかし、猫(ネコ)は「寝子(ネコ)」が語源という説があるほど、睡眠時間の長い動物だとかで、心配には及びませんでした。

動物の睡眠時間は、食生活と大いに関係します。

一般に、肉食動物は睡眠時間が長いです。

つまりネコ科の動物は肉食動物なので、子猫の睡眠時間は長くて当然なのです。

肉食動物は、狩りをする時間以外は体力を温存するために長く眠り休息を取るのです。

そして猫が寝ている時間に成長ホルモンが分泌されることから、成長時にはたくさん眠ることが必要なのです。

授乳中は、ミルクの時間以外はほとんど睡眠時間です。

猫も人間と同じように睡眠サイクルがあり、体と脳が完全に休息しているノンレム睡眠(深い眠り)と、体は休んでいるものの脳は起きているレム睡眠(浅い眠り)を一定の周期で繰り返しているようです。

私のところでも、1日20時間以上寝る子猫でしたので、すごく心配したことを思い出します。

子猫が気持ちいい寝場所

猫は寝場所の好みが強く、一般的には床よりも高く、隠れることができる場所、そして柔らかな場所を好む傾向にあります。

私のところは、布団などにすっぽり埋もれる寝方を好む子猫でした。

子猫の性格を見極めながら、子猫に寝床を選べるようにあちこちに用意してあげるのがよいかもしれません。

通常は、ふわふわとした暖かい素材で、子猫が丸まって寝られる大きさの縁や囲いがあるスペースが好まれます。

スポンサーリンク

なぜ子猫の睡眠時間は長いの?理由は?

子猫は1日の大半(18~20時間)を寝て過ごします。

子猫の睡眠時間が長いその理由の1つは、野生時代の名残だといわれています。

野生の動物は、自ら狩りをして獲物を捕まえて食事をします。

狩りの際には、集中力、走力などの能力を使用するため、たくさんの体力が必要になるため、いざというときに力がなくならないように、日頃から寝て過ごし、体力を温存しているといわれています。

もう1つの理由は、身体を成長させるためです。

たくさんの成長ホルモンを分泌させて成長するためだそうです。

成長ホルモンは眠っている時に分泌され、「寝る子は育つ」という言葉の通りのようです。

睡眠不足

猫も睡眠時間が不足してくると、ストレスを感じるようになります。

子猫がイライラして反抗的な態度を取ることも増えてきます。

また、抵抗力が弱まるので感染症をはじめとする病気にかかりやすくなり、体調が悪化することもあります。

だからたかが睡眠不足と甘く見てはいけません。

子猫が睡眠中にいびきや寝返りをうつことも

猫は浅い眠りを長い時間とっているので、睡眠中に「いびきをかく」「夢を見てうなされる」「寝返りを打つ」「寝言の代わりに鳴き声を上げる」といった様子をみせることがあります。

私も子猫が突然にまるで走るように手足を動かしたり、体をけいれんさせたりしてびっくりさせられたことがありました。

寝ているとき以外の子猫の生活習慣

基本猫は夜行性のため、朝方や夕方、夜に活発に活動します。

特にこの時間は、何もない空間を見つめてジャンプしたりする「真空行動」を起こすことがあります。

真空行動とは、本来狩りをするために寝てエネルギーをためている猫ですが、家猫は狩りをする必要がないため、エネルギーを使う機会がありません。

だから私は、その分子猫と一緒に戯れています。

また猫は起きている時間の半分を「グルーミング」に費やしています。

グルーミングとは毛づくろいのことで、猫の基本習慣の1つです。

まとめ

子猫が長時間眠るのは、猫の本能が関係しています。

心も体も立派な子猫に成長するために、安心してよく眠れる環境を作ってあげることは大切なことだと思います。

愛猫の健康と長生きをしてもらうためには、やはり日頃から気持ち良くぐっすりと寝てもらうことが大切です。

スポンサーリンク