子猫の飼い方が初めてでも失敗しない方法とは?

私は、一人暮らしだと、ふと寂しくなってしまい、子猫を飼いたくなって今一緒に暮らしています。

もし飼うのなら、犬のように毎日散歩に行かなくても済む猫がいい。

自由気ままな猫との生活は、きっと心が和むはずだと思い子猫に決めたのです。

ここでは、私がこれまでに経験してきた子猫の飼い方が初めてでも失敗しない方法をご紹介させていただきます。

猫を飼うための心構えをしっかり理解して、一人暮らしのルームメイトとして猫を迎える準備の参考にしていただければ私も嬉しいです。

スポンサーリンク

初めての一人暮らしで猫を飼い始めた実感

今私は、とにかく子猫を飼ってからは、猫がかわいいくてなんでも許せて、毎日が楽しいです。

それも部屋の中で猫が私のそばにいることで癒されています。

仕事から疲れて帰った家に猫が待っていることが幸せ」というのは、初めての一人暮らしで猫を飼い始めた実感でした。

それも子猫のたまにあるトイレの失敗なども許せるようになり、一人暮らしであることすら忘れて、話し相手がいなくて寂しいこともなくなりました。

トイレとトイレ砂

猫は本能的に砂がある場所をトイレだと認識しますので、飼い始める前にトイレを用意しておいてあげると排泄の失敗を防ぐことができます。

猫のトイレは、猫砂を置けばそこでしてくれますが、失敗することも少なくありません。

しっかりと覚えるまでに時間がかかることもありますが、比較的簡単に覚えてくれますよ。

子猫が落ち着く場所で、慣れてからこちらの都合で場所を動かすことはしないようにしてください。

もしも・トイレに失敗した場所の掃除は除菌シートや匂い消しのスプレーなどを使って、同じところで失敗を繰り返させないようにするのが早く上手に子猫のトイレをしてくれる秘訣です。

スポンサーリンク

キャットフード

人の食事と同じものを与えていると栄養が偏ってしまい体調不良の原因にも繋がりますので、猫用のドライフードやウェットフードを用意することです。

いずれの場合も総合栄養食と書かれたものをご用意ください。

猫用食器

水飲み用と餌皿を準備します。

ステンレスや陶器、プラスチックなど素材も様々で猫用に深さや形を工夫された物もありますが、ある程度の重さ・安定感があるものの方が食事中などに動きにくく食べやすいようです。

キャリーバッグ

猫は狭くて暗い場所を好む子が多いので、キャリーバッグの中に布を敷いて部屋に置いてあげると隠れ場所として寝床にする事もできます。

また、キャリーバッグは病院に連れていったりする時にも必要になります。

爪とぎ

爪とぎを設置してあげることである程度は家具や壁・床での爪とぎを防ぐことができます。

爪とぎには、段ボール製、木製、布製など色々な素材・形状のものがあります。

オモチャ

猫じゃらしやボールなど、運動不足を解消したりするおもちゃを用意しましょう。

お部屋の環境

アクセサリーや裁縫道具、箸や薬など、仕舞われていない物は何でも猫のオモチャになってしまいます。

ビニール袋やリボンなども遊びで齧ってしまったり首に絡んでしまう事があり非常に危険です。

事前に子猫にふれないところへ収めておくことが必用です。

遊び好きな猫の場合、電気コードなどにじゃれついてしまう事もあり、感電してしまう事もありますので家具の後ろを通したり、コードカバーを付けるなどの工夫をしてあげてください。

また、ゴミ箱などは、ふたをして中身がでないようにしておくといいと思います。

猫の健康診断

「猫は具合が悪いことを隠す動物です。

そのため、外から見て具合が悪いとわかったころには、病気がかなり進行していることがよくあります。

病気を見逃さないためにも、健康診断を定期的に行うことも頭に入れて飼い始めましょう。

まとめ

・猫を飼うなら、猫を許せる仏さまのような寛容さが必要です。

つまりは、子猫の飼い方が初めてでも失敗しない方法とは、ゴロゴロとノドを鳴らして腹を見せていたかと思えば、急に噛みついてくるような気まぐれな猫たちでも、笑って許してあげられる心の広い持ち主だけが子猫と一緒に暮らし、癒しを得られるのです。

スポンサーリンク