子猫に最適な餌のあげる方法とは?

子猫が健康に成長するためにはバランスの良く・栄養価の高い食事をとることが大切です。

ところが、猫は食べ物の好みがうるさい美食家で、体調や気分によって食が進まない時があります。

そんなときには、決められた栄養の基準を満たした総合栄養食の餌を与えることで、猫が必要とする色々な栄養を十分にバランスよく摂取することができます。

ここでは、子猫に最適な餌のあげる方法についてご紹介いたします。

スポンサーリンク


猫のエサの適正量とは?

?猫のエサは、現状の体格が適正であれば、与えているフードのパッケージに書かれている分量とカロリーを参考にして与えるのが一番良いです。

与えた量をすぐに食べきってしまい、もっと欲しがったとしても、追加で与える必要はないと思います。

逆にあまりエサを食べない場合は、より好みをしているだけであれば放っておけば自然に食べますし、食が細いのであれば、エサの種類を変えて食べやすいものにすることで、しっかりと食べてくれることもあります。

猫のエサのドライフードとウェットフード

猫それぞれ味の好みありますが、ウェットフードがドライフードよりも絶対においしい、ということはありません。

子猫の頃から食べ慣れていれば、エサのドライフードとウェットフードどちらも喜んで食べる猫が多いのではないでしょうか。

ウェットフードは水分を多く含んでいるので、あまり水を飲まない猫や泌尿器系の病気を持っている猫には良いと聞いたことがあります。

そして水分が多いウェットフードは、ボリュームに対してカロリーが低いので、満腹感があります。

すぐにお腹が空いてしまう猫には、ウェットフードが向いているかもしれません。

ちなみにドライフードは約10%、ウェットフードは約80%が水分です。

一方ドライフードは、ウェットフードよりも少量で高カロリーを摂取でき、開封後も保存が楽、値段がウェットフードより安い、ウェットフードよりも種類が多い*というような利点があります。

バランスのとれた総合栄養食を与える

最近では、?ドライフードやウェットフード、おやつも様々な種類が販売されていて、どれをあげようか迷ってしまいます。

ドライしか食べない猫もいれば、ウェットを好む猫もいます。

それは、猫の好みに合わせて大丈夫なようです。

気をつけてほしいのは、ドライでもウェットでも、「総合栄養食」を与えることです。

猫に必要な基本的な栄養素

完全肉食獣である猫が必要とする栄養素は、水、たんぱく質、炭水化物、脂肪、ミネラル、ビタミンなどです。

猫に必要な栄養分のバランスが取れた総合栄養食というキャットフードを与えるのが一番安全です。

総合栄養食とは、人間にとっての「定食」のようなもので、そのエサと水だけで猫が健康を維持できるフードのことです。

?総合栄養食の他に、「一般食」と記載されているフードもあります。

一般食とは、人間にとっての「おかず」のようなもので、これだけでは栄養バランスは取れません。

猫の食事は1日4~6回に分けて!

猫は犬のように1日2食にするよりも1日に必要な摂取カロリーを4~6回に分けて与えるのが良いと思います。

少量ずつ数回に分けて食べていれば常に小腹が満たされているので、食べ過ぎることもありません。

猫は一度にたくさん食べるというより、チョコチョコ食べて小腹を満たす動物です。

できれば、1日1?2回大量の食事を与えるよりも、少量を分けて与えた方がいいです。

ドライフードなど、置いても傷まないものであれば、すぐに下げずにそのままにしておくことで、子猫がいつの間にか食べているときがあります。

キャットフードだけ与え続けてもよい

猫の食事に、ひとつの種類のキャットフードだけを食べさせ続けるようにしたほうがいいと思います。

私のところでは、同じメーカーのフードをずっと食べ続けています。

今までに子猫が、同じものを食べ続けても飽きることも、それによって体調が悪くなるったこともありませんでした。

猫はニオイで食べ物を判断する

猫は食べられるものか、おいしいかどうかをニオイで判断しますので、ニオイが飛ばないように、缶詰は1回分の食べ切りサイズ、ドライフードも開封して2週間以内に食べきれるサイズを購入し、密封容器に入れて、湿気ないように注意します。

猫にとってベストの体型

猫にとってベストの体型は、ウエストにくびれがあり、皮下脂肪の下に肋骨が触れて、横から見てお腹がたるんでいない状態です。

「ボディコンディションスコア」という見た目の指標があり、「3」の状態をキープすることが望ましいです。

手作りのエサだけは栄養バランスが偏ってしまう

手作りのエサだけでは、栄養バランスが偏ってしまいます。

猫は肉食動物です。

私たち人間が食べる「肉」は筋肉の部分ですが、肉食動物にとっての「肉」には内臓や血液も含まれていて、草食動物の胃の内容物や血液などをすべて含めて摂取することで、栄養バランスを保っています。

だから茹でたササミと野菜で代用するのは、とても難しいことだと思います。

人間の食べ物を与えるのは禁止

?人間が食事をしていると、猫が食べたがりますが、それは禁止です。

できれば全く与えないでもらうのが理想だと思います。

人間にとってみればたった一口、一切れかもしれませんが、体重が人間の1/10~1/20の猫にとっては、かなりの高カロリーになってしまうのです。

また、肥満につながりますし、また誤食の危険性も高まります。

そして人間の食べ物は、猫の健康にとって有害なものがほとんどです。

猫草を食べるか食べないかは、個体差があります。

猫草を食べるか食べないかは、個体差があります。

野菜は尿のpHを変えてしまうことがあるので、尿石症を起こしやすい猫にとっては危険です。

白米は体に悪いわけではありませんが、炭水化物は本来猫にとって積極的に取る必要はありませんし、 肥満の原因にもなります。

キャットフード以外におやつをあげてよいのか

基本的にはおやつは必要ないものです。

ただ躾やご褒美として、おやつをあげるという事は、コミュニケーション手段として、私にとっても子猫にとっても、とても楽しい時間になります。

おやつを選ぶうえで大切なことは、できる限り無添加で安全あること、猫用に成分が調整されたものであることです。

心配なことは、おやつばかりをあげてしまって、主食のキャットフードを食べなくなってしまうのはこれは問題になってしまいます。

猫の偏食を防ぐためのキャットフードのあげかた

猫は基本的に欲しいものばかりを求めます。

好きなものばかり与えると、偏食になってしまいます。

ですから子猫時代の食生活を規則正しくすることが偏食を防ぐ有効な手段といえます。

キャットフードの鮮度管理を徹底する

キャットフードの鮮度が落ちて食べなくなってしまった場合の対応は、新鮮なキャットフードを与えることで解決できます。

ウェットキャットフードの場合、1度開封したものは冷蔵庫や冷凍庫で保存せず、24時間以内に食べきることを徹底して守ります。

また、ドライキャットフードをまとめ買いした場合、なるべく小分けに保存することで、空気による酸化を防ぐことができます。

猫に与えてよいおすすめ食材

鶏肉ならどの部位でも良いですが、特に胸肉やもも肉には必要な栄養素が豊富に含まれているのでおすすめです。

牛肉も大丈夫ですが、与える場合は赤身がおすすめです。

卵は、黄身は生で与えてOKですが、白身は必ず加熱しましょう。

魚については、魚類は何でもよく食べます。

キャベツ、ニンジン、サツマイモなど。食物繊維の豊富な野菜は、毛玉を上手く吐けない猫に効果があります。

オリーブオイルやごま油などの植物油に含まれるリノール酸は、猫には不可欠です。

猫は人間と違って、炭水化物をうまく消化できないので、与える場合は少量の白米がお勧めです。

猫にとって「危険」な食べ物とは?

人間にとっては栄養が豊富で体に良い食べ物でも、猫にとっては、ほんの一口が命の危険につながってしまうこともあります。

有名なのは、チョコレートやネギ類です。

玉ねぎやニラを含むネギ類にはアリルプロピルジスルファイドなどの成分が含まれており、血液中の赤血球を破壊し、嘔吐、下痢、血尿、発熱などを引き起こす可能性があります。

また、チョコレートの原料であるカカオの成分デオブロミンにより、中枢神経が刺激されて、嘔吐、下痢、血圧上昇、痙攣、不整脈などを引き起こし、大量に食べると急性心不全が起きる可能性があります。

その他にもアルコール、カフェインなどにも注意が必要です。

また、薬局で売られているような人間用の鎮痛剤の誤飲などもとても危険です。

まとめ

健康のことももちろん大切ですが、”美味しい”と感じる食べ物が多いことは猫の楽しみが増えるということです。

そして私と同じく、子猫にとっても食べる事は幸せなことです。

健康にいっぱい食べてもらって、たくさん幸せを感じてほしいです(^^)。

スポンサーリンク


コメントを残す