子猫に人間の普通の牛乳を飲ませるとどうなるの?

昔から猫は牛乳を飲んでいたが、近年、牛乳を与えてはいけないとか飲めないと聞きます。

猫の本などで見ましたが、人間の牛乳はお腹を壊すからあげないほうがよいと書いてありましたが、実際にはどうなっているのでしょう。

昔の時代はよくあげてた気がするんですが…。

ここでは、そんな子猫に人間の普通の牛乳を飲ませるとどうなるのかということをご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

牛乳は太りやすい

昔は牛乳でもよかったようですが、現代では、キャットフードを食べている猫には牛乳を与える必要がなく、成長後の猫では、カロリー過剰のため肥満になるそうです。

結構なカロリーがある牛乳ですから、水代わりに与えていたら太りやすいと思います。

猫にとって必須な飲み物というわけでもないし、与える必要はない、といったところでしょうか?

猫のおやつとして悪くない

牛乳は猫乳には含まれていない乳糖を含むため、猫も基本的には乳糖不耐症です。

お腹を下さない大人の猫にたまにならおやつとして悪くないと思います。

しかしまだほ乳の必要な子猫にはだめみたいです。

子猫に必要な栄養が薄いのと乳糖が理由で、牛乳は子猫を育てるのには向いていません。

結局は草食獣の母乳ですから肉食の猫には必要な栄養が足りなくなってしまうので、たまに与えるなら良いですが常飲すると栄養不足になります。

子猫の成長に必要な栄養が足りていない

牛乳は、子猫の成長に必要な栄養が足りていないそうです。

やはり夜中の緊急のときでもなければ,猫ミルクをあげたほうがよさそうです。

特に尿路結石(猫がなりやすい病気)の猫には牛乳はよくないそうです。
牛乳に含まれるミネラルがあまりよくないようです。

スポンサーリンク

便秘気味の猫に与えると改善するかも

牛乳などの乳製品には腸内細菌のバランスを整える作用があります。

バランスが崩れている時だと下痢しますが、だから逆に便秘気味の猫に牛乳を与えるというのもありですね。

子猫は下痢が重症になる危険

牛乳を飲むと下痢を起こすことがあります。

これは、牛乳中の乳糖を分解するラクターゼ(加水分解酵素)が不足している「乳糖不耐症」が原因です。

特にに子猫の場合、下痢が重症になることもあるので、あげないほうがいいといいます。

子猫は、ラクトーゼが分泌されても離乳後は10分の1に減ってしまうことが原因です。

猫に牛乳を与えるときの注意点

牛乳を与えて下痢が続くと脱水状態になりやすくなり、他の病気を誘発することになります。

高カロリーで栄養価のキャットフードに更に、栄養価の高い牛乳を追加してしまうとカロリーが過剰となり、太ってしまうことになります。

結局キャットフードも食べ、牛乳も飲めば、過多になってしまうのはカロリーだけではなく、他の栄養成分も同じで、栄養のバランスが崩れてしまうことになります。

また、草食動物である牛のお乳と猫のお乳では栄養成分も異なりますし、猫と牛では必要としている栄養要求量が異なります。

牛乳だけしかあげなければ、ほぼ確実に“発育不良・栄養失調”を起こしてしまうので、牛乳を飲ませていたとしても良質なドライフード、ウェットフードと組み合わせてあげることが必要になってくると思います。

乳製品アレルギー

猫にもアレルギーがあります。

牛乳を与えて下痢をしているのなら、「乳糖」が苦手で下痢をしているのではなく、乳製品アレルギーが原因かもしれません。

猫に牛乳を飲ませるメリットとデメリットについて

メリットしては、安く手軽に栄養補給できること、猫が喜んでくれること、水分を沢山摂ってくれるくらいです。

それに対してデメリットは、下痢をしてしまう可能性がある、肥満の可能性がある、ミネラルバランスが崩れ、結石の原因となる可能性があるなどの健康上問題を起こしそうなことばかりで、全くいいことがないことに気がつきます。

まとめ

猫に牛乳を与えることは昔から当たり前のようなイメージがありましたが、実は下痢やアレルギー、栄養過多などの問題があり、ほとんど猫に牛乳を与えるメリットはありません。

ですから「猫が欲しがるままに与えて、猫の健康を壊してしまう」ようなことだけは絶対にないように注意していかないといけないと思います。

スポンサーリンク