子猫が餌を残すのはご飯を食べ過ぎなの?

・だらだらと少しずつ食べるのは猫の習性と聞いたことがあります。

私の子猫に食事を与えた時、少し残しているけれどそのまま回収せずに置いていたら、しばらくしてまた食べだしたということがよくあります。

それこそエサを食べ始めたと思ったら、あれれ…!?残して子猫がどこかに行ってしまうなんていう姿もチラホラ…。

やはりちょっとずつ食べては残すなど猫たちはどうやらムラ食いしがちなのが特徴のようです。

ここでは、そんな子猫がご飯を残すのは食べ過ぎで残しているのかをご紹介していきましょう。

猫でも人間と同じで肥満は百害あって一利なしです。

スポンサーリンク


もう食欲が満たされて満足したから

猫はそもそも「もう食べられない~」なんてくらい満腹過ぎる食事量は必要としない小食系の動物なのです。

少し食べてもお腹いっぱいな感じになり、食べ物を残すことがあります。

ただ、子猫のときにはその限界を知らずに一気にたくさん食べてしまうことがあります。

そのため、食べ過ぎてしまい胃への負担が大きく、後から吐いてしまうこともあります。

猫がわざと食べ残す

猫が食べ残すと「美味しいエサがもらえるんだな」と学習して、わざと残す行動を見せ「この前の美味しいエサをちょうだい」と無言の要求をしてくることもあるようです。

いつもと違う味に困惑している

「いつもと違う味なんですけど…」と残すようになることもあります。

新しいエサに切り替えたら、猫の繊細な舌が味と感触を覚えているので、いきなり全く違うエサに変えると気になって残すこともあります。

また、いつものフードなのにエサの鮮度が落ちていることから残す場合もあります。

環境の変化

猫はデリケートな動物ですので、ちょっとした環境の変化も感じ取り、気持ちに表れます。

いつも使っている食器が古くなったから変えてみよう…と、気分転換のつもりで猫の食器を変えたら食べ残すようになることもあります。

そして食事をさせる位置が違うと、「場所が違う。食べづらい」というアピールで残すこともあるようです。

適切な食事回数

一歳くらいになれば食事は朝と夜の2回で充分ですが、小さいうちは朝・昼・夜と3回あげたほうが良いです。

成猫の場合、実はそれほど細かく食事を分ける必要はないと言われ、1日2回で良いとされています。

食事を与えるタイミング

朝は6~8時、夜は18~20時ぐらいで大丈夫です。

帰宅が遅くなる場合や、やむを得ず1日1回しか食事を与えることができない場合、置き餌にしても基本的に猫は分割して食べるので、あまり気にしなくても大丈夫です。

1回の食事量の目安

猫は、体重1kgに対して約70kcalから約80kcalを掛け算した分を与えてあげるのが目安となります。

※市販のペットフードを与えている場合は、外箱や袋に目安が記載されているので、それを参考にするのがおすすめです。

また、猫自身が食事量の調整をできるからといって、1日の量を一度に与えてしまうことは衛生面から見ても望ましくありません。

餌を食べない時は病気を疑うべき?

病気が原因で食欲がない場合は、普段と比べてみてもおとなしく寝ている時間が多くなり、時に変な声で鳴いたり、トイレの際におかしな声を出したり等、明らかに異変が見られます。
また、体を触ったときにしこりがあるなど、何かしら別のサインを出していることもあるので、猫の行動やしぐさ等は良く観察した上で獣医師へ伝えるようにしましょう。

まとめ

子猫の頃は可愛いばかりに甘やかしてしまいがちですが、食事の管理はしっかりと行わなければ偏食となってしまいます。

ご飯をあげて、しばらくしたらきちんと下げる。

その時極端に食べる量が少なかったら、少し時間を置いてまた出してみる。

小さいうちは特に細かい対応が必要だと思います。

私は、日中いないので、ずっと置き餌としてドライフードにしています。

スポンサーリンク


コメントを残す