子猫が甘える仕草とは?

子猫と一緒に暮らしているからこそ、頻繁に見られるしぐさや行動があります。

それも甘えたいときは「これでもか!」とかわいい姿を見せつけてくるのが子猫の魅力なのです。 

子猫が甘えてくれる時は、私もキューンとなって仕事が手に付かなくなったりするのですが、ここでは猫の甘える仕草にはどんなものがあるのかをご紹介します。

スポンサーリンク


ゴロゴロと鳴く

喉をゴロゴロと鳴らす猫特有の「喉鳴らし行動」は、私と一緒に生活が出来ていることの喜びが理由だとかってに思っています。

そして子猫がなでられて気持ちいいときにも、「気持ちいい~、もっとなでて~」と甘えるように喉を鳴らします。

おなかを見せる

動物は心を許していない人に急所であるおなかを見せることはありません。

ところが、私のところでは、子猫がゴロンとおなかを出す仕草をします。

目の前で床にゴロンと転がり、おなかを上に向けるのは「おかえりなさい! 待ってたよ!」の表現みたいに感じます。

きっと猫の甘える仕草だと思います。

また、「もっと構って! 遊ぼうよ!」という気持ちでおなかを見せてくることもあります。

そんなときは、子猫のおもちゃでたっぷり遊んであげています。

体をスリスリする

私の足に、子猫が身体をスリスリと擦り付けてくるときの仕草は、猫が甘えるときにする仕草です。

これは「こすりつけ行動」というもので、猫の頬と顎にあるホルモン(フェイシャルホルモン)の分泌腺をこすりつけています。

体をスリスリしながら甘えることで、飼い主の匂いと自分の匂いを共有しているんだそうです。

もちろん、信頼している飼い主や、好きな人以外にはやらない行為なんだそうです。

この仕草をしているときの猫は、甘えるといったことはもちろん、子猫の機嫌が良いときです。

ということは、子猫から私への愛情の深さを表している仕草なんですよね。

しっぽをピンと立てる

猫はしっぽでも様々な気持ちを表現します。

子猫が、しっぽをピンと垂直に立てるのは、甘えたい気持ちや喜びを表現している仕草です。

子猫の上機嫌であるときや、私に甘えるときに尻尾を必ず立てます。

子猫がしっぽを立てた状態でスリスリしてくる姿は、とても愛らしくたまりません。

ほかにも、子猫のお腹が空いたという要求のときにも、しっぽを垂直に立てたり、すりよったりして甘える仕草をするときがあるように思えます。

しっぽを全体的にブンブン振っている時は、興奮気味で何かをアピールしたいときのようです。

ふみふみする

私が寝ているときに子猫の前足でふみふみするような行動をするときがあります。

なんともかわいいこの行動ですが、おそらく私に甘えたい猫の仕草かなと思っています。

これって猫がとてもリラックスしていたり、眠かったりするときにも頻繁に見られる行動です。

自分のおなかの上で甘えながらふみふみする猫の姿には、思わずキュンとなってしまいます。

甘噛みする

子猫の場合、甘える時や遊んでいる時に噛んでくることがあります。

例えば猫をなでていたら突然の甘噛みをされることがあります。

それは、猫の甘える気持ちが先行しすぎて、猫が興奮状態になっていることが甘噛みになったのかと思っています。

好きなところをなでられて嬉しい気持ちになった猫は、「お返しだよ」と私の手指をゆるく甘噛みします。

甘噛みは、子猫から私への愛情表現の一つと思っています。

おみやげを持ってくる

飼い猫にも、野生のハンターとしての本能が残っているのでしょうか?

目の前に虫が現れれば捕獲することだってあります。

そしてそこで捕まえた獲物を、子猫が口にくわえて私の元へ……。

思わずぎょっ!としてしまうこの行動が、通称「猫からのおみやげ」です。

ときとしてぞうきんやスリッパまでを口に咥えて持ってくる行動をすることがあります。

「見て見て~!」と猫自身はとても誇らしげですが、
おみやげを持ってきて見せる子猫の行動には、「こんなのいいでしょ、ほめてほめて!」と無邪気に甘えにくるのです。

猫が日頃の私に感謝をしたいことから、猫から贈り物として「ありがとう」ってほめてあげます。

猫に無視されても気にしない

猫は警戒心の強い動物で、知らない人や動物が近くにいると、猫は寝ているように見えても警戒心を解くことはなく、いつでも逃げられるような状態になっています。

そのため、猫が私に対して無視するのは、私を信頼しきっているという理由からくるものだと思っています。

子猫に時として無視をされることもありますが、子猫は甘えることが苦手だと考え、普段通りに接してあげています。

子猫が甘えるのは成長する上で大切な事

子猫にとって私に甘える行為は成長する過程でとても大切なことだと思っています。

もし私に満足に甘えることができなかった場合は精神不安定な猫に成長してしまったり、ストレスによって病気を引き起こす原因となるかもしれません。

子猫が甘える時の対処法

子猫が私に対して甘えるときには、たっぷりの愛情をこめて甘やかさせてあげるようにしています。

やはり子猫の母猫代わりになって愛情をたくさんかけてあげることが、健康で愛らしい猫に育てる秘訣かなと思っています。

かまってもらいたいとき

私が新聞を広げるとその上にドサッと子猫が寝転んでくることがあります。

これって子猫がかまってほしいばかりに、私の邪魔をしてくるのです。

しかたがないので、しばらくかまってあげれば、自分への関心が薄れてないんだと納得するので、それまで相手をしてあげます。

まとめ

子猫が、特にしっぽを立てながら喉を鳴らし足などにスリスリしてくるときは、とにかく甘えたいと思っているサインなので、私はしっかりと撫でて愛情をたくさん注いであげるようにしています。

私にとっては、想像するだけで思わずニヤニヤしてしまう、かわいい子猫です。

スポンサーリンク


コメントを残す