子猫がトイレをきちんと覚えてくれる方法とは?

私は、初めての子猫を飼ったときにトイレをきちんと覚えてくれるのかなと気がかりでした。

子猫にどうやってトイレを覚えさせるのだろうと職場の人に聞いてやってみました。

ここでは、子猫が短時間でトイレを覚えられるように、トイレトレーニングの効果的な方法をご紹介します。

スポンサーリンク

子猫の習性

子猫はその昔、乾燥している砂漠の砂の上で用を足し、上から排泄物を砂で隠すという習性を持っていたようです。

そのため、子猫に数回トイレの場所を教えてあげると、早い場合は1~2日で、遅い場合でも1~2週間でトイレの場所を覚えることがほとんどなんだそうです。

子猫のトイレトレーニングは、犬と比べて簡単

子猫のトイレトレーニングは、犬と比べて簡単だと言われています。

犬のようにしつけなくても、ほとんどの子猫がきちんと決まった場所でトイレができるようになるそうです。

トイレは静かなところに設置

私は、洗面所のところに、子猫のトイレを設置しました。

しかしこれは大失敗でした。

それは洗濯機があると大きな音や振動がします。

猫は排泄中に驚かされると、その後トイレを使用することを怖がるようになります。

まさに私の子猫はトイレを怖がるようになってしまいました。

さりげなく観察できる場所に、トイレを設置

1日何回おしっこをしたのか、うんちの状態はどうかなど、排泄の様子をチェックすることは、猫の健康管理をする上でも重要なポイントだと思い、私がさりげなく観察できる場所に、トイレを設置しました。

それも猫が落ち着いて用を足せる部屋の隅に設置しました。

猫のトイレの砂

市販されている猫のトイレ用の砂には様々な種類が存在し、砂の粒の大きさや重さなどに違いがあります。

猫の好みの砂を見つけることも、トイレトレーニングを成功させるための大切なポイントのようです。

砂の種類も「鉱物」「シリカゲル」「木」「紙」「おから」などの種類があって、それぞれ、捨て方や固まり方などに特徴があるようです。

ちなみに私の子猫の好きなのは「おから」であります。

トイレに行くサイン

猫はトイレをしたくなると周りの床をクンクン嗅ぎながらウロウロするという行動を取ります。

スポンサーリンク

つまり子猫が遊びを中断し、床のにおいを嗅ぎながら場所を探すような「トイレに行くサイン」をみせたら、すぐにトイレに連れて行きます。

子猫が、その場所でトイレをするようになるためには

子猫が、その場所でトイレをするようになるためには、猫の習性を利用します。

猫は自分の臭いのついたものがあると安心するので、トイレトレーニングを始める前にトイレの中に猫のおしっこのついたものを入れておきましょう。

子猫は起きてすぐの時間や食後にもトイレに行くことが多いため、最初のうちはよく観察します。

、トイレに行くタイミング

子猫が食後にウンチをする習性を利用し、朝起きたら最初にトイレに連れて行きます。

食後も同様にトイレに連れて行きます。

ウンチをしたいような態勢になったら、すぐトイレに運びます。

ウンチをしたらすごく褒めます。

そしてウンチに砂をかけてウンチやおしっこを隠すまで待っててあげます。

やはり最後まで見守ることが大切です。

このような習性を満たせる場所を用意すれば、猫は自ら適切な排泄をしてくれるように感じます。

子猫を思いきり褒めてあげる

子猫が、なかなか落ち着いて用を足してくれないような場合でも焦らずに続け、上手に排泄できた際には、思いきり褒めてあげるようにすると、比較的早くトイレを覚えてくれます。

だから子猫がトイレを覚えるまで繰り返しトレーニングです。

失敗しても叱らない

猫はきれい好きな動物だけに、トイレが排泄物で汚れていたら、他の場所で粗相をしてしまうことがあります。

また、子猫が、トイレを覚えてそこで用を足す習慣がつくまで、カーペットの上などトイレ以外の場所で用を足してしまうことがあります。

そのような場合に、猫を大声で叱ったり叩いたりしても効果はありませんので、トイレトレーニングは、怒らず、根気強く行くことが大事だと思います。

粗相をした時の対処法

一度排泄物のニオイがついた場所では、猫が繰り返して用を足してしまう場合があります。

カーペットや床などでおしっこなどをしてしまった際には、特に念入りにニオイを消すことが大切です。

住居用の洗剤などを利用して徹底的に消臭しないといけません。

私の子猫なんて布団でお漏らしされました。

一度布団でしてしっくりきた場合には、繰り返ししてしまいます。

トイレは常にきれいに

猫はきれい好きな動物であるため、トイレをこまめに掃除することも重要です。

その後、ウンチはすぐにとって、トイレは常にきれいにしてあげることがポイント。

トイレが汚いと別の場所で用を足すようになってしまいます。

もし、子猫が他の場所で粗相をしてしまったら、しっかり掃除をすることも大切です。

トイレが汚れたままにしておくと、トイレを嫌ってほかの場所にしたり、トイレを我慢して膀胱炎になってしまう場合もあるので気をつけなくてはいけません。

まとめ

よく食べて、しっかり排泄するのは健康の証です。

子猫が気持ちよく排泄できるようにするためには、やはり私がしっかりとお世話とお手入れをすることが、なにより大切だと思っています。

猫のトイレは健康管理に欠かせないものなので、おしっこやウンチをきちんとチェックできるものを選びましょう。

基本的に猫はキレイ好きであり、あちこちに排泄することはないため、トイレを気に入ってもらうことが、きちんと覚えてくれる秘訣だと思います。

スポンサーリンク