スーパーで買える無添加キャットフード「無一物」は、リーズナブルで安心!

2018年2月20日

猫の健康を思いやると、安心安全なキャットフードを食べさせてあげたいと思いますよね。

調べてみると、市販されているほとんどのキャットフードには、合成添加物が入っています。

そして、猫の安全にこだわった無添加キャットフードは、高価で通販でしか買えないことも。

でも、国産で完全無添加のキャットフードを、近所のスーパーで見つけたんです!

スポンサーリンク

無一物(むいちもつ)

生産しているのは、シーチキンで有名な「はごろもフーズ」。

ずっと以前から販売していたのかもしれませんが、パッケージが可愛くなかったので店頭ではスルーしていました。

材料や成分をくわしく見てみます。

名称:キャットフード(副食)

原材料名:まぐろ

原産国名:国産

内容量:50g

賞味期限:袋下部に記載

販売者:はごろもフーズ株式会社

『無一物(むいちもつ)とは何もないこと、何ももっていないことを表す言葉』だそうです。

その名の通り、原材料はまぐろのみ。

それ以上でも、それ以下でもないというのは、素材本来で勝負ということですね。

このフードは2018年2月に購入したので、賞味期限は2年弱ですね。

パウチをあけたら、こんな感じ。

ウエットタイプのフードって、ぷるぷるとゼリー状に固めてあるものが多いけれど、これはマグロと水分のみ。

香りもシーチキンそのままです。

すこし口にしてみたのですが、人間の食べる水煮シーチキンと変わらないようなおいしさでした。

言われなきゃ、猫用だってことわからないんじゃないかなー。

もちろん食塩無添加なので、塩辛くはありませんでした。

パウチにくっついて取り出しにくいので、スプーンで掻き出します。

スープたっぷりですね。

スポンサーリンク

水分の補給にもなって良さそう。

うちのハチワレ猫ちゃんに、1パック与えてみました。

パウチを開けている時からいい香りがして、ハチワレ猫もそわそわ。

無添加なので、この香りは素材そのもののはず。安心感があります。

食いつきはとてもよく、食べ応えもありそう。

ハチワレ猫には、試しに1パック与えて見たのですが、半分ちかく残しました。

普段からいっきに完食はしないで、しばらくしてから戻ってきて残りを食べるので、残すのはいつものことです。

でも、スープは全部飲んでいますね。

この残ったのに水を加えれば、また食べてくれそうな気がします。

 

このフードは主食ではなく副食なので、1パックまるまるだと、ちょっと多い気がします。

カロリーは、この1パックで33kcal

おやつに1パックまるまる与えるというより、半分づつにして、朝夕のドライフードにトッピングするのがいいのかもしれませんね。

保存料が添加されていないので、開封後はお早めに

夏場なら、朝に開封したら夜まで冷蔵庫保管が必要かもしれません。

内容成分

たんぱく質:15%以上

脂質:0.3%以上

粗繊維:0.5%以下

灰分:1%以下

水分:84%以下

総合栄養食ではなく一般食のため栄養価は低めです

水分は84%もあるので、食べながら水分補給にもなります。

これだけだと猫に必要な、たんぱく質や脂質などの栄養分が不足してしまいますので、必ず総合食もあたえましょう。

 

味は、「まぐろ」「かつお」「鶏むね肉」と3種類あるので、ローテーションすれば猫も飽きずに楽しめそうですね。

食欲のないときにドライフードにトッピングしたり、ごほうびのおやつとしてあげたり、開封前の長期保存ができるので、買い置きしておいても良さそうかな。

ちなみに近所のスーパーよりは、楽天のほうが安かったですよー。

スポンサーリンク