キャットフード『黒缶』は本命フード! 安全性をレビューします

超ロングセラーの猫フード「黒缶」。

うちのハチワレ猫のために初めて購入してみたら、長年愛される理由がわかりましたよ!

安全性や品質もレビューしてお知らせします。

スポンサーリンク

黒缶は超ロングセラー

「黒缶」の文字の上に、小さく「SINCE 1977」と書いてあります。

そんなに昔からある商品なのでしょうか?調べてみました。

 

「アイシア AIXIA」という社名にあまり聞き覚えがない人もいるかもしれませんが、「マルハペットフード」と聞けばピンとくるかもしれません。

2005年に社名変更しています。

その前は太陽ペットフードという社名で、「黒缶」は、その前身の会社のころから販売されていた商品だそうです!

なんと1977年以来の商品!40年以上のすごい歴史商品ですね。

ちなみに親会社は、大手水産加工会社のマルハニチロ。

へー、だからお魚味の黒缶だけで、お肉味は無いのかぁと納得です。

 

「黒缶(まぐろとかつお)」原材料名

 

原材料名/魚介類(マグロ、カツオ、フィッシュペプチド)、オリゴ糖、増粘多糖類、ミネラル類(Ca,Cu,Mn,Zn)、ビタミン類(A,E,K,B1,B2、葉酸、ビオチン)

素材の魚を生かしたフードですね。

原材料に、フィッシュミールなどのミール系は使用されていないのも安心。

猫の消化に負担をかける、穀物も不使用

合成添加物や着色料も入っていないのもいいですね。

増粘多糖類は、植物由来の比較的安心な食品添加物です。

なんか、いいじゃないですかー!?

 

「黒缶(まぐろとかつお)」成分

 

成分/たんぱく質:13.9%以上、脂質:0.9%以上、粗繊維:0.1%以下、灰分:3.5%以下、水分:82.0%以下

繊維が少なめ。そのためオリゴ糖を配合して、腸内環境をサポートしているのでしょうか。

うちの場合、ドライフードとウエットフードを併用しているので、食物繊維はドライフードから摂取しています。

 

原産国:タイ

内容量:70g

カロリー:56kcal/袋

うちのハチワレ猫は体重が4kgなので、パッケージに記載されている1日の給与量目安は、3袋です。

スポンサーリンク

もし主食として黒缶のみを与えた場合、

1袋56kcal×3袋=168kcal

1日の摂取カロリーとしては、168kcalになりますね。

 

うちのハチワレ猫(去勢済みの健康な成猫4kg)が、1日に必要なカロリー量は約240kcal。

カロリー控えめなので、チュールとかのおやつをあげても大丈夫そうです。

 

「黒缶(まぐろとかつお)」中身

「黒缶」は缶詰タイプの方がよく知られていますが、ゴミ捨てが楽なので、うちではパウチタイプを購入。

名前の通りパッケージも黒色なのですが、中身もなんだか他社のキャットフードより黒っぽいような気がします。

主にまぐろとかつおの、赤身肉が使われているからでしょうか。

赤身肉は、白身肉に比べて多くの栄養素がはいっているらしいです。

DHA/EPAが約2倍

鉄分が約5倍

タウリンが約5倍

ビタミンEが約2倍

ゼリーで固めてはあるけれど、全体的に粘り気は少なめ。

でも、成分の82.0%が水分なので、パサパサしていることはなさそうです。

うちのハチワレ猫は初めて黒缶を食べるので、お皿に開けたのは1袋の半分です。

 

ハチワレ猫の食いつきは…。

良好です!1袋の半分ですが、完食しました!

ゼリーで固めたキャットフードは、ゼリー部分だけなめて身を残すこともあるのですが、お魚がおいしかったのかな。

合成添加物や着色料が入っていなくて、食いつきも良いキャットフード「黒缶」。

良いものでも値段が高ければ考えてしまいますが、うれしいことにとてもリーズナブルです。

楽天でも、1袋あたり50〜60円で購入できますよ。

先日みつけた「無一物」は、無添加で安全だけど副食なので主食にはなりませんでした。

無一物のレビューはこちら→『スーパーで買える無添加キャットフード「無一物」は、リーズナブルで安心!』

 

黒缶なら総合栄養食なので栄養バランスも良くお手頃価格。

我が家のメインキャットフードになりそうな予感です。

何回か食べさせてみて、ハチワレ猫が飽きなければ…ですが。気まぐれですからね。

スポンサーリンク