なぜ?「猫好き」は猫に嫌われて「猫嫌い」は猫に好かれるの

猫をかわいがりたいのに、なぜか嫌われる。

反対に、猫は苦手なのに、なぜか好かれてしまう。

こんなことはありませんか?

人間にとっては不思議な猫の行動ですが、猫の生態を知れば納得なんです!

スポンサーリンク

猫がきらいな「猫好きな人」

猫好きな人が猫に出会うと、どんな行動をとりますか?

「キャー!かわいいー!!」と大声で叫んで、猫をジロジロと見つめます

猫じゃらしやおもちゃを持って、猫を追いかけ回します

反応がなければ、しつこくちょっかいを出します。

 

これらすべてNG行動なので、猫に嫌われて当然なんです!

猫が人間にされて嫌な行動は「大声・凝視・ハイテンション・しつこい」。

猫と遊びたいのに嫌われてしまうのは、ちょっとさみしいですね。

好意的でも騒がしい人は、威嚇していると思われて猫に嫌われてしまうんです。

 

猫が好きな「猫嫌いな人」

では、猫嫌いの人が猫に出会ったとき、どうするでしょう。

まず猫には近寄りませんね。

猫を見つめることもしません

当然ちょっかいなんて出すことはないでしょう。

スポンサーリンク

猫がいないかのように振るまい、ただ座っているだけ…。

 

これら「猫嫌い」の人がとる行動、じつは猫には安心感をあたえます。

「あいつはなにもしてこないから、害はなさそうだニャ」と、判断するようですよ。

かまってほしい時だけかまって、あとはほっといてほしいのが猫の本音。

猫好きには近寄らず、猫嫌いのそばにいくことが多いのはそのためのようですね。

 

「猫好きな人」はどうすれば?

かわいい猫が現れたら、はしゃぎたくなる気持ちはよーくわかります!

わたしも猫に近寄りたくて、ウズウズしちゃいますから。

でも猫は慎重なので、初対面の人間がグイグイせまってきても警戒してしまうんです

とりあえず猫の前では騒ぐことは控えて、さりげなーく無関心を装いましょう。

意外と猫のほうから、こちらに興味をもって寄ってきてくれるかもしれませんよ。

 

慣用句で「猫なで声」という言葉がありますね。

「猫なで声」とは、機嫌をとるためにやさしくこびる声のこと。

「猫なで声」の高くやわらかい声で猫に話しかけるのも、少しは効果があるかも。

 

参考記事<<<猫と仲良くなりたい!猫に気に入られる「なで方・抱き方」って?

 

ちなみに、犬は自分に好意がある人を見分けて、嫌っている人のとこには近寄らないらしいです。

猫は、相手が自分のことをどう思っているかは興味がありません。

「自分が好きか嫌いか」だけで、人間を判断するようですね。

例外として、猫カフェのように小さな頃からさまざまなタイプの人間と接してきた猫は、人間に動じないようですよ。

スポンサーリンク