【猫の食事】基本中の基本!猫の健康のために知っておきたい常識

猫は自分で食事を選べません。

正しい食生活が送れるかは、飼い主であるあなたにかかっています。

猫が健康で長生きするために、基本中の基本、正しい食事の知識を身につけましょうね。

スポンサーリンク

理想の食事はキャットフード

人間の食べ物は、はっきり言ってNGです!

人間と猫では、必要となる栄養素が違うし、消化機能も違います。

安易に人間の食べ物をあたえると、猫は消化不良をおこしたり中毒をおこすこともあるので、ここはキャットフードにおまかせしましょう。

キャットフードの種類

総合栄養食

猫に必要な栄養素が、すべてバランス良く含まれているのが「総合栄養食」です。

いわゆる猫の主食です。

この総合栄養食と水だけで、猫は元気に暮らすことができるんですね。

総合栄養食、すごい!

子猫用、シニア用など年齢にあわせたものと、ドライ、ウエットなど種類はたくさんあるので、成分表示をよく見て猫ちゃんにあったものを選んであげてください。

 

一般食

一般食は副食とも呼ばれ、主食にはなりません。おかずみたいなものです。

総合栄養食の食いつきが悪い時にトッピングにしたり、おやつとして与えたりすることが多いようです。

一般食だけだと栄養が不足するので、必ず総合栄養食もあたえることが必要です。

キャットフード売り場では、ぱっと見では「総合栄養食」か「一般食」かは、判断がつきません。

かならず裏の表示を見て判断してくださいね。

 

おやつ

おやつは食べなくても大丈夫です。

とは言っても、キャットフード売り場にはたくさんのおやつがならんでいて、うちの猫にもあげたくなりますよね。猫ちゃんすっごく喜びますし…。

そんなときは、ごほうびとして特別な時だけ与えるのがいいかもしれません。

爪切りのあと、病院のあと、お留守番のあとなど、ごほうびは色々ありますしね。

スポンサーリンク

与えすぎると肥満の原因になります。

カロリー表示もチェックしてみてくださいね。

 

ドライorウエットフード

キャットフードは水分量の違いによって、おもに「ドライフード・ウエットフード」にわけられます。

「ドライフード」のほとんどは、栄養バランスにすぐれた総合栄養食です。

保存が効いて衛生的にも扱いやすく、価格もウエットよりはリーズナブル。

歯垢がつきにくいというメリットもあります。

ただ水分が不足しがちになるので、猫がちゃんと水を飲むように工夫が必要になることも。

猫缶などの「ウエットフード」は、食感や味やにおいがいいので、猫が好んで食べてくれることが多いです。

素材を活かした1回食べきりのパッケージが多いので、そのぶん価格も高め。

水分が多いのであまり水を飲まない猫や、硬いフードが苦手な歯の悪い老猫には重宝します。

購入するときは品質表示をよく見て、主食用なら「総合栄養食」と書いているものを選びましょう。

 

食事の量・回数

おとなの猫なら1日に必要な食事量は、体重1kgあたり約80kcal

体重4kgの猫なら320kcal。5kgなら400kcalになりますね。

キャットフードのパッケージにはカロリー表示が必ずあります。

また、体重ごとに1日の給与量が記載されていることが多いので、その分量を朝晩の2回に分けて与えます。

決まった量を計量して与えることが、とても大切ですよ。

 

ただ、運動量の少ない室内飼いの猫や、年をとって運動量が少なくなってきた猫には、すこし控えめに与えるなど調整はしましょう。

逆に、子猫の場合は成長期なのでカロリーも必要です。

子猫用フードを記載表示どおりに、3回にわけて与えます。

最近多い猫の肥満も、あなたの心がけ次第で防ぐことができます。

猫の健康は食事で決まるとおもって、できる限りの良い選択をしてあげたいですね。

スポンサーリンク