【猫の誤飲】要注意!人気のあのおもちゃが誤飲の原因に

ねこちゃんが、思わぬものを口にいれて遊んでいるのを見て、ヒヤッとした経験はありませんか?

ねこちゃんの誤飲は、最悪、命にかかわる場合もあります。

誤飲・誤食からねこちゃんを守るには、あなたの心がけがなにより大切。

猫がとくに誤飲しやすいものと、その対策をお知らせしますね。

スポンサーリンク

猫が誤飲しやすいもの

 

おもちゃのネズミ

 

ねこちゃんが大好きなおもちゃのネズミ。

「猫用に作られているのだから安全だろう」と思いますよね。

じつは違います!

猫の誤飲で開腹手術を受けることになった原因の上位に『おもちゃのネズミ』があるくらい、頻繁に誤飲が起きているのです。

ご存知のとおり、おもちゃのネズミは結構な大きさがあるので、わたしたち飼い主は安心しがち。

しかしねこちゃんは、夢中で遊んでいるうちに本当に狩りをしている気分になって、勢いで飲み込んでしまうのです。

この大きさの異物を飲み込んでしまうと、消化器がつまり生死に関わることになってしまいます。

口から取り出すことは難しく、開腹手術をおこなうことになり、猫にもかなりの負担がかかるでしょう。

ヒモのついているネズミの猫じゃらしおもちゃは、飼い主が見ているところで遊ばせて、遊び終わったら必ず片付けることが重要です。

見ていないところで、ヒモを噛みちぎってしまうかもしれないからです。

また、ヒモのついていないネズミのおもちゃは、誤飲の可能性がかなり高いことを考えて、初めから与えないことをおすすめします

スポンサーリンク

 

ゴム・ヒモ・毛糸など

 

猫はヒモ状のものが大好き。

しかし、遊んでいるうちにちぎれて誤飲してしまう可能性が高いもののひとつです。

小さな切れ端なら吐き出したり、ウンチといっしょに出てくることも多いのですが、腸に絡まって消化器が詰まると、命にかかわることも。

猫の目につく場所には、絶対に置いておかないようにしましょう。

 

ビニール・ポリ袋

 

カシャカシャ音が好きなねこちゃんは、よくビニールやポリ袋で遊びますよね。

しかしなかには、ビニールやポリ袋を口にしてしまうねこちゃんもいるようです。

喉や消化器につまる可能性もあるので、遊んでいるときは目を離さないようにしましょう。

切れ端がでたら、口に入れる前にすぐかたづけるのも大切です。

 

画鋲・ピアスなどの小さく尖ったもの

 

猫は小さくキラキラしているものが好きなので、興味をもってしまいます。

遊んでいるうちに飲み込んでしまうかもしれません。

これらが胃や腸で刺さると吐き出すことができなくなり、炎症を起こしてしまいます。

腹膜炎の危険性もあるため、絶対に注意してください。

カレンダーやポスターを留める際には、画鋲以外のものを使うなど工夫が必要ですね。

 

タバコ・ボタン電池・人間の薬

 

これらは飲み込んでしまったらどうなってしまうか、容易に想像がつきますよね。

重篤な中毒症状をおこし、命を落とす可能性もあることをしっかり肝に銘じ、猫に見つからない場所に保管するようにしましょう。

猫が溜まった水を飲んでしまうので、タバコは水につけたまま放置しないように。

猫ちゃんの誤飲・誤食は、起きてから後悔するのではなく、飼い主として責任をもって対策をしておくべきですね。

 

スポンサーリンク