【猫の種類】白黒ハチワレ猫とは?とっても個性的なハチワレの魅力

うちの飼い猫は、白黒ハチワレの雑種。

額が八の字柄の猫ちゃんは、一般的に「ハチワレ」と呼ばれます。

同じハチワレ猫でも模様の入り方はそれぞれで、個性的。

みんな違ってみんな良い♪ハチワレの魅力をおつたえしたいと思います。

スポンサーリンク

ハチワレとは?

「ハチワレ」というのは、猫の種類ではなく猫の毛柄模様を指します。

ハチワレはもともと「鉢割れ」と書き、頭の鉢が左右に割れたような模様をしていたことから呼ばれていたそう。

でも、「鉢が割れる」というのがなんだか縁起が悪いってことで、「八」という漢字をあて、末広がりで縁起が良いよってことにしたそうです。

縁起が悪いといわれる名前を、一転して縁起が良い名前に変えてしまうなんて、昔からハチワレファンは多かったのかもしれませんね。

代表的なハチワレ柄は「白×黒」

白黒のコントラストにより、はっきりとした毛柄になります。

白黒ハチワレ猫ちゃんは、日本では昔から親しまれていたようで、平安時代の絵画にも登場しているんですよ。

海外では「タキシードキャット」とも呼ばれています。なんだかかっこいい!

白黒猫ちゃんの場合、顔の上半分や背中側が黒くなるようですね。

逆になっている猫は見たことがありません。

黒色の分量によって、ハチワレが富士額になったり、仮面をかぶったようなバットマンになったり、平安まゆげのようなマロスタイルになったり…。

ほんとうに様々で個性的。そこが白黒猫ちゃんのおおきな魅力です。

はなぐろのハチワレ猫

お鼻の色は、顔の周りの毛が白色だとピンクになる猫ちゃんが多いようです。

でも、鼻のまわりに黒ブチが入ったり、真っ黒になる猫ちゃんもいます。

スポンサーリンク

鼻のまわりが黒いと「ハナクソ」とか言われちゃうこともありますが、猫好きの間では親しみをこめて「はなぐろ」と呼んでいますよ。

この「はなぐろ」猫ちゃんたちが、個性的でほんとうにかわいい!

ちょび髭スタイルや、仮面スタイル。

1匹として同じ猫ちゃんがいないんですよね。

うちのハチワレ猫は、鼻のブチがハート型みたい?!

ハチワレ猫のソックス

部分的に入る白い毛はスポットと呼ばれ、お腹側や足の先に入りやすい傾向。

足の先に白い毛があると、靴下を履いているようにみえるので、ソックスと呼ばれることがあります。

うちのハチワレ猫ちゃんのソックスは、こんな感じ。

左右対称ではなく、右前脚のソックスは短く、左前脚はソックスが肩まであります。

ながーいソックスを履いている猫ちゃんや、足先だけのショートソックスの猫ちゃんもいて、見分けるのにも役立ちます。

ハチワレ猫の肉球

白黒ハチワレ猫の肉球は、ピンクに黒のブチがはいることが多いです。

白毛が多めの猫はピンクの肉球。

黒毛が多めの猫は黒色の肉球になる傾向に。

うちのハチワレ猫は、ピンクに黒ブチが多め。

黒インクを踏んだような、まだら柄になっている肉球もありますよ。

どうですか?白黒ハチワレ猫の魅力が少しわかっていただけましたか?

白黒ハチワレ猫ちゃんは雑種なので、ペットショップにはいません。

もし、飼ってみたいなぁと思われたら、保護猫譲渡会や保健所に会いに行ってあげてくださいね。

スポンサーリンク